紺・ネイビーのM-65のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スタンドカラーのえりにジッパーがついていて、服の前側に、胸に2カ所、その下に2カ所計4カ所のポケットが付いています。M-65は別名ミリタリージャケットと呼ばれているミリタリー系アイテムの一つです。特徴としては男らしく無骨な印象を演出してくれます。あまり馴染がないかもしれませんが、実はメンズファッションでは人気の高い定番アイテムの一つだったりします。 着こなしとしては無地のTシャツで主張を抑えて、足元はカジュアルな印象をプラスするためにスニーカーを合わせるとおしゃれなコーディネートになります。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

ミリタリーアウターM-65の鉄板スタイル

Small
coen men 紺・ネイビー M-65
コーディネートのポイント
M-65はミリタリーのアウターで、男臭い・無骨系アウターです。これを、同じく男臭い・無骨系ファッションのアイテムである胸元が空いたTシャツ・カットソー、デニムやチノ、ワークブーツやマウンテンブーツと男臭さMAXで合わせます。当然のことながら、男らしい人、男らしく見せたい人に似合うコーディネートです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

無骨過ぎないミリタリースタイル

Small
coen men 紺・ネイビー M-65
コーディネートのポイント
ミリタリーテイストで男臭いアイテムのアウターであるM-65をカジュアルに着ます。インナーはミリタリーのアウターに合わせて無地のTシャツで主張を抑え、パンツも無地の綿パンと合わせつつ、靴はスニーカーを持ってくることで、男臭すぎない、ラフで柔らかい雰囲気になります。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。これに合わせてパンツも靴もくすんだトーンの暗めの茶色で合わせています。また、ネイビーと茶色も鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

M65のキレイ目スタイル

Small
coen men 紺・ネイビー M-65
コーディネートのポイント
M65はミリタリーアウターの中でもゴツ目で、その分男らしいアイテムです。服の上下に2個ずつポケットがあるものが一般的です。この無骨さに対して、他をキレイ目な服で合わせることで、男臭さを消したキレイ目+無骨なスタイルが出来上がります。インナーにニットを入れることで優しい雰囲気を出すこともできます(この場合、無骨度と優しい雰囲気の度合いは7:3ぐらいです。)
色については、ネイビーを無彩色の白とグレーで合わせたクールでオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る