紺・ネイビーのナイロンブルゾンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ナイロン素材のブルゾンのことです。素材表記としてはナイロンやポリエステルが使われていることが多いアイテムです。ナイロンジャケットは春から梅雨の時期、初秋の季節であまり気張らずにふらっとお出かけしたいときに活躍するアウターで、メンズファッションで人気の高いファッションアイテムです。着こなし方としては、しわの多い、洗いざらしのヨレヨレのシャツ以外であればどんな服にも合います。とくに1番似合うのはTシャツとのコーディネートです。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

ナイロンブルゾンのシャツスタイル

Small
ブルートルネード 紺・ネイビー ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンにシャツ、チノパン、短靴とナイロンブルゾンをキレイ目に着こなす場合のスタイルです。合成繊維でありながら絹に最も近いと言われている”ナイロン\は、しわになりにくく汚れてもすぐに落とすことができるため、使いやすさNo.1!一見コーディネートが難しいと思われ勝ちですが、以外といろいろな服と合わせることができるアイテムなんです!"
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンTシャツ合わせスタイル

Small
ブルートルネード 紺・ネイビー ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンのインナーにTシャツを合わせるベーシックなパターン。 パンツはデニムorチノ、靴はスニーカーとシンプルですが、ナイロンブルゾンを私服として着る時点で、1つラン クが上のスタイルですので、他をシンプルにコーディネートしてもサイジング(サイズ感)がおかしくなければ、ファッションにこなれている余裕がある男性に見えます!
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンの着こなし

Small
ブルートルネード 紺・ネイビー ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
ネイビーと茶色は鉄板の色あわせです。インナーにクリームイエローを差し込み、よりオシャレな人に見えるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

流行のきざしのジャージスタイル

Small
ブルートルネード 紺・ネイビー ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
2015〜2016に来ると言われているジャージパンツスタイル。トップスはナイロンのブルゾンで合わせて素材感のバランスをとり、靴はローカットスニーカーでカジュアルに合わせましょう。
色については茶色とネイビーは相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

クロップド丈のナイロンパンツのコーディネート

Small
ブルートルネード 紺・ネイビー ナイロンブルゾン
コーディネートのポイント
ナイロンパンツのクロップド丈は、暖かい季節のラフなコーディネート。そしてナイロン素材はスポーツ感がありますので、トップスはジャージかナイロンブルゾン、足元はローカットスニーカーで合わせると、スポーティかつラフな雰囲気のコーディネートになります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。