紺・ネイビーのプルオーバー(半そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

プルオーバーは、中にシャツやTシャツをチラ見せさせてレイヤードで着ることの多い、トップスです。大きめのハットにクロップドパンツ、短靴といったスタイルがマッチします。「ザ・オシャレ好き、服好き」という雰囲気を醸し出します。原宿のファッション好き、ショップスタッフ、ミュージシャン等が着る印象の服です。プルオーバーはメンズにとってなかなか馴染みが無いかもしれませんが、プルオーバー、プルオーバーパーカーの着こなしはぜひ試してほしいコーディネートです。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

プルオーバーの気取ったスタイル

Small
417 by EDIFICE 紺・ネイビー プルオーバー
コーディネートのポイント
プルオーバーはインナーに無地Tシャツを合わせて、パンツはクロップド丈、靴はレザーシューズで合わせて、頭に大きめのハットをかぶると「THE・プルオーバー着た原宿にいそうなオシャレさん」といった格好になります。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

プルオーバーの夏スタイル

Small
417 by EDIFICE 紺・ネイビー プルオーバー
コーディネートのポイント
半袖のプルオーバーに短パンで合わせたオシャレなリラックスコーディネート。シューズはかかとが低いローファーやスリッポンで合わせます。プルオーバーはアイテム自体が一般的でないため、少しモードな雰囲気になりますから、そもそもモードなコーディネートの雰囲気がある細身の人用のスタイルといえます。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

プルオーバーに柄パン合わせ

Small
417 by EDIFICE 紺・ネイビー プルオーバー
コーディネートのポイント
プルオーバーを短パンと合わせるとシルエットとしてバランスがとれます。プルオーバーが無地、あるいはほぼ柄が無いデザインの場合は、短パンに柄を持ってきてもOK。スリッポン、サンダルでカジュアルに合わせましょう。
色については、青系統と黄色系統は相性がいい色の組み合わせですから、このアウターとパンツも相性が良いカラーコーディネートといえます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る