ベージュのキルティングジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

表面に筋が縦横に入ったキルティングジャケットは、冬の柔らかい素材のジャケットです。コート代わりに、通常のスーツジャケットの上に着るおしゃれな着こなしもあります。キルティングジャケットは秋冬のアウターの中でも軽量で、合わせやすいアイテムです。このジャケットの王道なメンズの着こなし方としては、インナーはセーター等のニットにシャツと合わせ、パンツは綿パン、靴は短靴やチャッカブーツでキレイ目に合わせるコーディネートです。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

キルティングジャケットのコーディネート

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S ベージュ キルティングジャケット
コーディネートのポイント
キルティングジャケットは秋冬のアウターの中でも軽量で、合わせやすいアイテムです。インナーはセーター等のニットにシャツと合わせ、パンツは綿パン、靴は短靴やチャッカブーツでキレイ目に合わせるのが1つの王道スタイルです。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

キルティングジャケットのカジュアルスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S ベージュ キルティングジャケット
コーディネートのポイント
キルティングジャケットをキレイ目でなく、カジュアルに着こなすスタイルです。インナーにはシャツを着つつ、パンツをデニムやチノパンであわせ、靴はカジュアルにいくならスニーカー、きれい目にするなら短靴で合わせます。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る