赤のキルティングジャケットのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

表面に筋が縦横に入ったキルティングジャケットは、冬の柔らかい素材のジャケットです。コート代わりに、通常のスーツジャケットの上に着るおしゃれな着こなしもあります。キルティングジャケットは秋冬のアウターの中でも軽量で、合わせやすいアイテムです。このジャケットの王道なメンズの着こなし方としては、インナーはセーター等のニットにシャツと合わせ、パンツは綿パン、靴は短靴やチャッカブーツでキレイ目に合わせるコーディネートです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

キルティングジャケットのカジュアルスタイル

Small
THE SHOP TK ミクスパイス 赤 キルティングジャケット
コーディネートのポイント
キルティングジャケットをキレイ目でなく、カジュアルに着こなすスタイルです。インナーにはシャツを着つつ、パンツをデニムやチノパンであわせ、靴はカジュアルにいくならスニーカー、きれい目にするなら短靴で合わせます。
色については、赤と黒は格好よく見える色の組み合わせ方です。また、全体的にも、モノトーン(白黒グレ—)+有彩色1色でまとめていると、とても収まりがいい色の合わせ方になります。赤で目立つトップスをパンツと靴を黒くすることで抑えています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

キルティングジャケットのコーディネート

Small
THE SHOP TK ミクスパイス 赤 キルティングジャケット
コーディネートのポイント
キルティングジャケットは秋冬のアウターの中でも軽量で、合わせやすいアイテムです。インナーはセーター等のニットにシャツと合わせ、パンツは綿パン、靴は短靴やチャッカブーツでキレイ目に合わせるのが1つの王道スタイルです。
色について、赤とネイビーは暖色と寒色のオシャレなカラーコーディネートです。この2色が目立つように、靴は赤系統色の茶色、インナーは無彩色のグレーとホワイトを合わせています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る