赤のショールカラーカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーカーディガンは生地が厚く、えりが長いことが特徴で、アウターとして着るカーディガンです(ただし、ダウンベストをはおることも出来ます)。メンズのファッションの中では着こなしが難しいとされるカーディガンですが、普通のカーディガンはではなくてもっと個性的な着こなしがしたい、おしゃれなファッションがしたいという方も多いでしょう。このようなメンズにおすすめなのがショールカラーカーディガン。襟元にボリュームがあり、カーディガンのデザインも多いのでコーディネートの幅が一気に広がります。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のショールカラーカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 ショールカラーカーディガン
コーディネートのポイント
ショールカラーカーディガンは「ショールカラー」の品の良さと「ニット」の優しい雰囲気を両方持つため、女性向けが抜群のアイテム。必ず1つは持っておきたい服です。そんなショールカラーカーディガンは、シャツと合わせる事もできますが、圧倒的にカッコいいのはインナーに胸元の空いた無地Tシャツを合わせるスタイル。プリントTと合わせると可愛い要素が強くなってしまいます。パンツはカジュアルなパンツは割となんでも合いますが、デニムとスニーカーでラフに合わせることで「余裕がある男」に見え、女性ウケ効果がさらに高まります。
色については、赤、青、白のフランスカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせです。

赤のショールカラーカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る