紺・ネイビーのショールカラーアウター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーのアウターです。ショールカラーカーディガンのようにニットとは限りませんが、同じショールカラーなのでキレイめでおしゃれなファッションになります。また、男性はえりがつくことで着こなしの際に上品に見える効果があります。コーディネートとしては、例えばインナーに無地Tシャツを合わせ、パンツは綿パン・チノパンなどでシンプルに着こなすのもおすすめのメンズコーデです。アウターの品がいい要素を拾って靴に短靴かチャッカブーツを合わせるか、Tシャツに合わせてカジュアルにスニーカーやブーツで合わせても大丈夫です。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

ショールカラーアウターのスタイル

Small
ビームス メン 紺・ネイビー ショールカラーアウター
コーディネートのポイント
ショールカラーアウターをカジュアルに合わせるコーディネート。今回はインナーに無地Tシャツを合わせ、パンツはデニムにしてカジュアルダウンさせ、靴はスニーカーやブーツで合わせます。このようなえりがあるアウターは上品に見える効果があります。(もとはパーティーなどで使われるショールカラージャケットがモチーフになっているためです)
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーアウターの柄インナースタイル

Small
ビームス メン 紺・ネイビー ショールカラーアウター
コーディネートのポイント
ショールカラーのアウターはショールカラーという胸元のえり部分により上品な印象を与えるアイテムです。今回はインナーに柄のTシャツを合わせて遊び心を出しつつ、パンツをデニム、靴をスニーカーやブーツでカジュアルに合わせたスタイルです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーアウターの柄Tシャツ合わせ

Small
ビームス メン 紺・ネイビー ショールカラーアウター
コーディネートのポイント
ショールカラーのアウターはショールカラーという胸元のえり部分により上品な印象を与えるアイテムです。今回はインナーに柄のTシャツを合わせて遊び心を出しつつ、パンツを綿パン・チノパンで合わせ、靴はアウターのショールカラーに合わせてキレイ目に行くなら短靴で、カジュアルに行くならスニーカーやブーツで合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーのアウターのチノパン合わせ

Small
ビームス メン 紺・ネイビー ショールカラーアウター
コーディネートのポイント
このようなえりがあるアウターは上品に見える効果があります(もとはパーティー等で使うショールカラージャケットがモチーフになっているためです)今回はインナーに無地Tシャツを合わせ、パンツは綿パン・チノパンにします。アウターの品がいい要素を拾って靴に短靴かチャッカブーツを合わせるか、Tシャツに合わせてカジュアルにスニーカーやブーツで合わせても大丈夫です。
ネイビーと茶色は鉄板の色あわせです。インナーにクリームイエローを差し込み、よりオシャレな人に見えるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る