ベージュのスタジャン(単色)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

胴体部分と腕の部分の色が一緒のスタジャンのことです。主に黒いものが多いです。本来スタジャンは少年っぽい可愛い属性がつくアイテムですが、この暗い単色の場合は、男らしい、無骨系のアイテムとなります。メンズのスタジャンの素材はレザーが基本で、色は黒が人気です。ブランドはステューシーやアディダスが有名です。コーデする際はカーゴパンツやワークブーツでワイルドな着こなしをするのが一般的で、少しあどけなく着たい方は中にグレーのパーカーとピンクのインナー、白のチノパンをコーディネートしてみるのもアリです。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

単色スタジャンのパーカー合わせスタイル

Small
coen men ベージュ スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
スタジャンは男らしいアイテムです。インナーに「(フードがついていることにより)可愛い」属性のパーカーを挟むことで、男らしさと可愛さのバランスがとれます。パーカーの下は胸元が見えるようにタンクトップかUネックやVネックのTシャツを。この肌着は3枚重ねになるため柄モノはしつこく、無地が1番スッキリ格好よくみえます。パンツはデニムかチノで合わせて、靴はパーカーの方を意識してスニーカーでカジュアルに行くか、アウターの単色スタジャンを意識してワークブーツで無骨に行くか、お好みの方を選択して下さい。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

暗い単色のスタジャンの無骨スタイル

Small
coen men ベージュ スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャン+ニットの男らしく優しいスタイル

Small
coen men ベージュ スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
単色のスタジャンという男らしいアイテムに、ニットを合わせると、男らしく優しい雰囲気のコーディネートになります。スタジャンに合わせてパンツはジーンズ、シューズはより男らしく合わせるならブーツ、カジュアルに合わせるならスニーカーで合わせます。
ベージュはぼやけた色なので、白か黒かその両方という、ハッキリした無彩色と合わせるのが1番格好いい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンのスウェット合わせ

Small
coen men ベージュ スタジャン(単色)
コーディネートのポイント
スタジャンの中には襟付きシャツもいいですが、個人的にはTシャツやスウェットやセーターといった襟がないもので合わせるコーディネートの方がおしゃれだと思います。今回はスウェットで合わせるコーディネート。パンツはテーパード型のパンツと合わせて、スウェット+スタジャンという重めのトップスに対してスッキリさせて、足元はローカットスニーカーかブーツで合わせるのがポイントです。
ベージュとネイビーは相性がいい色の組み合わせです。カラーコーディネートとして、胸辺りからはじまり、外側に、下に向かっていくにつれて濃く、暗くなるように意識しています。その結果、インナーは白で始まり、アウターのベージュからグレーのパンツを通り最後は靴のネイビーに向かうといったように、だんだん色が濃く、暗くなっていきます。このように上から下にかけて色がグラデーションになると収まりがよくお洒落に見えます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る