赤のスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

「スタジアムジャンパー」の略です。元々はスポーツ選手の上着で、胴の部分と腕の部分で色が違い、また胴がウールで腕が革であることが多いです。左胸にはチームのロゴマークがついています。このジャケットを着ると少年のようなかわいいカジュアルな印象になり、メンズのファッションアイテムでは人気の高い商品の一つです。スタジャンの着こなし方は、足元は必ずスニーカーを合わせてください。インナーはプリントTシャツやパーカー、ボトムスはチノパンやデニムで全体をアメカジ風にコーディネートするとオシャレになります。 赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン 赤 スタジャン(2色以上)
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
色については、赤と暗めの無彩色(モノトーン)だけでまとめたコーディネートです。とてもオシャレな色の組み合わせですが、オシャレ過ぎる、格好良すぎて親しみやすさがないともいえます。

赤のスタジャン(2色以上)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る