ベージュのトレンチコート(ダブル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ウエスト位置にベルトがあるコートです。前のボタンが1列のシングルだと春のアイテムで、ダブル(2列)だと秋のアイテムです。第1次世界大戦中にイギリス兵が着ていた服が発祥と言われています。防寒着として雨をしのぐような機能性のあるデザインが特徴的なスラッとした紳士的なシルエットなので、着ているだけで品がよさそうな印象が持てるメンズファッションアイテムです。コーディネートとしては、インナーは無地の白シャツを着こなして、ボトムスはデニムパンツを履くとおしゃれです。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ダブルのトレンチコートのキレイ目スタイル

Small
ナノ・ユニバース ベージュ トレンチコート(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのトレンチコートはキレイ目に合わせるのが王道です。 インナーはニットとシャツ、パンツはスラックスか綿パン、靴は短靴やチャッカブーツで合わせましょう。これらのアイテムはどう組み合わさっても、キレイ目アイテム同士なので相性がいいコーディネートになります。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダブルのトレンチコートのシンプル王道スタイル

Small
ナノ・ユニバース ベージュ トレンチコート(ダブル)
コーディネートのポイント
トレンチコートはキレイ目なコート。秋冬にはインナーに無地のニットを合わせて、綿パンに短靴と合わせるのがスタイリッシュでカッコいい王道のコーディネートです。コーディネートに「可愛い」要素を入れたい人は、インナーのニットをボーダー等の柄モノにしましょう。なお、ダブル(前のボタンが2列)のトレンチコートは秋冬用、シングル(前のボタンが1列)のトレンチコートは春用です。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

トレンチコートの冬スタイル

Small
ナノ・ユニバース ベージュ トレンチコート(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのトレンチコートを着た冬のスタイルです。インナーにはセーター、パンツは綿パン、靴は短靴で合わせることで、キレイ目で紳士的なスタイルになります。全体的に品がいいコーディネートです。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

トレンチコートのボーダーニット合わせ

Small
ナノ・ユニバース ベージュ トレンチコート(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのトレンチコートを着た冬のスタイルです。インナーにはボーダーニット、パンツは綿パン、靴は短靴で合わせることで、キレイ目で紳士的、かつボーダーの分少し可愛いスタイルになります。全体的に品がいいコーディネートです。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

冬のトレンチコートで紳士らしいスタイル

Small
ナノ・ユニバース ベージュ トレンチコート(ダブル)
コーディネートのポイント
ダブルのトレンチコートを着た冬のスタイルです。インナーにはセーター、パンツは綿パン、靴は短靴で合わせることで、キレイ目で紳士的なスタイルになります。全体的に品がいいコーディネートです。
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る