黒・ブラックのトレンチコート(シングル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ウエスト位置にベルトがあるコートです。前のボタンが1列のシングルだと春のアイテムで、ダブル(2列)だと秋のアイテムです。最初はビジネスの防寒用としての着用がメインだった為、見た目からは硬い印象を与えてしまいます。しかしこれをあえて着崩すことで一気におしゃれさが増します。例えばフォーマルなトレンチコートをカジュアルなシャツやパンツとコーディネートしておしゃれに着こなしましょう。また、ここ最近では「オーバーサイズ」が流行としてあり、ロング丈のアウターを大きめに着る着こなしが流行っています。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

トレンチコートちょいラフコーデ

Small
nano・universe 黒・ブラック トレンチコート(シングル)
コーディネートのポイント
シングルのトレンチコートはえりが高いコートのため、インナーにUネックカットソーを合わせると、コートのえりの高さに対して、カットソーの胸元の深いところまで、首・胸元まわりの肌の露出が広く見えて、格好よく見えます。なお、シングルの場合は春、ダブルのトレンチコートの場合は秋に着るのが一番季節感とはあっています。今回はインナーにTシャツを合わせ、細身のパンツにキレイ目な靴を合わせるという少しラフなとりわけ春先に合うトレンチコートスタイルです。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

シングルのトレンチコートを使ったアイテム

Small
nano・universe 黒・ブラック トレンチコート(シングル)
コーディネートのポイント
シングルのトレンチコートは、重厚なイメージのあるダブルに比べて軽やかな印象があるので春先にも重宝します。季節的には秋、冬の終わり、春先です。インナーには薄手のカーディガンとシャツをレイヤードして、ボトムスは綿パンかスラックス(カーゴスラックス含む)をチョイス。足元は短靴で、トレンチコート本来のきれいめなイメージを活かしてまとめるとしっくりきます。
ワインレッドのパンツが目立つように、他の色を暗めのトーンで合わせたカラーコーディネートです。また黒とワインレッドは相性抜群のカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

トレンチコートのスリッポンスタイル

Small
nano・universe 黒・ブラック トレンチコート(シングル)
コーディネートのポイント
トレンチコート+クルーネックのニット+ジーンズ+スリッポンというコーディネート。品が良いトレンチに対してジーンズで少しカジュアルな雰囲気を強くしつつ、足元は間をとって、スニーカーほどアクティブにせず、スリッポンで合わせる絶妙なバランス感のコーディネートです。
色については、青と黄色は似合う色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る