緑・グリーンのチノパン・綿パン(無地, フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。緑は明るすぎず、鮮やかすぎない色でありながら、男性が着る色としてはそこまで一般的ではないため、手ごろに手を出しておしゃれな雰囲気になる色です。

アメカジらしさで格好良くまとめたスタイル

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
緑と茶色はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせです。また、アウターの青とパンツの緑、及びアウターの青と靴の茶色もオシャレな色あわせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

タバコを片手に気だるそうに一息コーデ

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
モッズコートにVネックTシャツとエンジニアブーツを合わせることで、モッズコートが持つ「男らしい系アイテム」という属性と「モード系アイテム」という属性のうちの男らしい方にふれたコーディネートになります。 帽子をかぶることに抵抗がない、オシャレな人は黒のハットをかぶるのもアリです。
緑と茶色はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせです。また、アウターの青とパンツの緑、及びアウターの青と靴の茶色もオシャレな色あわせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートのカジュアルコーデ

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
チェスターコートを羽織りつつ、カジュアルテイストに仕上げたコーディネートです。チェスターコート、短靴、チャッカブーツがもつ品の良さに、セーターやカーディガンがもつ優しい雰囲気が合わさっています。
色については、パンツの緑と靴の茶色はアースカラーと呼ばれる木々や森の自然の色同士で、相性のいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ピーコートのキレイ目スタイル

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ピーコートのキレイ目によせてインナーにセーターとシャツを持ってきます。靴はきれい目に行くなら短靴やサイドゴアブーツを持ってきて、カジュアルにいくならスニーカーで合わせます。爽やかな好青年ルックで女性から好印象を持たれやすいスタイルです。セーターに鮮やかな色を持ってくると、オシャレ度合いがグッと上がります。
色については、パンツの緑と靴の茶色はアースカラーと呼ばれる木々や森の自然の色同士で、相性のいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

冬のドンキーコートのニット合わせスタイル

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
色については、パンツの緑と靴の茶色はアースカラーと呼ばれる木々や森の自然の色同士で、相性のいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストとショールカラーカーディガンは似合う服のコーディネートです。また、ショールカラーカーディガンのニット特有の優しさを演出する事も出来ます。パンツはデニムやチノで合わせてもOKですし、コーデュロイパンツで合わせると季節感が出ます。
色については、パンツの緑と靴の茶色はアースカラーと呼ばれる木々や森の自然の色同士で、相性のいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストとカーディガンやセーターは似合う服の組み合わせです。ダウンベストの表面とカーディガンやセーターの表面は素材感が違うため、メリハリがあり合わせやすい組み合わせです。ダウンベストはそのカジュアルなテイストから、靴はスニーカーと合わせるのが相性抜群です。
色については、パンツの緑と靴の茶色はアースカラーと呼ばれる木々や森の自然の色同士で、相性のいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストワイルドコーデ

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色については、パンツの緑と靴の茶色はアースカラーと呼ばれる木々や森の自然の色同士で、相性のいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーの無骨さと可愛さを兼ね備えたコーデ

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
えりがたっていない(かさばらない)ブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。MA-1フライトジャケットは襟が短い上にやわらかくブルゾンなので、インナーにパーカーを差し込む事が出来ます。また、ミリタリーという無骨系アイテムであるMA-1の無骨さを、可愛い系のアイテムであるパーカー中和することでバランスのいいコーディネートになります。
色については、パンツの緑と靴の茶色はアースカラーと呼ばれる木々や森の自然の色同士で、相性のいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンパーカーコーデ

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
色については、パンツの緑と靴の茶色はアースカラーと呼ばれる木々や森の自然の色同士で、相性のいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る