緑・グリーンのチノパン・綿パンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。緑は明るすぎず、鮮やかすぎない色でありながら、男性が着る色としてはそこまで一般的ではないため、手ごろに手を出しておしゃれな雰囲気になる色です。

緑・グリーンのチノパン・綿パン(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
EDIFICE Casual 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
トップスとシューズに白を持ってくることでパンツは何色でも合わせることができます。ここでは緑色のパンツを合わせています。色のバランスから、パンツが目立ちます。

緑・グリーンのチノパン・綿パン(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

緑・グリーンのチノパン・綿パン(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
DEUS EX MACHINA 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
デニムシャツを外に着る場合、中はタンクトップ、ヘンリーネック、胸元が空いたTシャツ等、無骨目に合わせます。今回はパンツもフルレングスではないパンツと合わせるため、靴はぺたんこ靴やスリッポンで合わせます。
色については、緑と茶色はアースカラーと呼ばれる鉄板の色の組み合わせです。

緑・グリーンのチノパン・綿パン(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

緑・グリーンのチノパン・綿パン(無地, フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
STUDIOUS 緑・グリーン チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
緑と茶色はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせです。また、アウターの青とパンツの緑、及びアウターの青と靴の茶色もオシャレな色あわせです。

緑・グリーンのチノパン・綿パン(無地, フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る