カーキのチノパン・綿パン(迷彩, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。カーキ色はミリタリーでよく見られる色のため、本来ミリタリーのアイテムでないアイテムでもミリタリーテイストになります。

無地マウンテンパーカーのシャツ合わせスタイル

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
マウンテンパーカーにシャツを合わせるスタイル。マウンテンパーカーというアウトドア向きのアウターではありますが、インナーにシャツを持ってくることで、靴も短靴等でキレイ目に合わせてしまってOKです。パンツはチノで、トップスが無地ならパンツを柄で遊んでも可愛いくなります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

N-3Bの男らしいコーデ(ももが太い人用)

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
N-3Bは男らしい、無骨の属性を持つミリタリーアウター。したがって、インナーには同じく無骨系アイテムである胸元が空いたUネックのカットソーやデニム・チノといったカジュアルで素材が固めのパンツ、靴は男らしいエンジニアブーツと合わせます。季節が寒い時期のアイテムのため、男らしさをもとめつつ防寒効果で丸首Tシャツでも大丈夫です。
色については、アウター、パンツ、靴をくすんだ色で統一しています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストと柄パンスタイル

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストのインナーにTシャツを合わせ、パンツに柄パンを持ってくるパターン。 ダウンベストもインナーも無地でパンツで少し遊びたい、そんな時のスタイルです。 パンツというコーディネート全体近くの要素に柄がついていると、それだけで全身の印象が「可愛め」になります。どの程度可愛めになるかは柄次第で、大きいドット(水玉)>小さいドット>チェック>ボーダーやストライプ の順番で可愛い順です。靴はハイカットのスニーカーかワークブーツで合わせます。
色についてはくすんだ色同士で合わせていて統一感があるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストワイルドコーデ

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。カーキを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと可愛さを兼ね備えたスタイル

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。カーキを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

迷彩柄フルレングスとリネンシャツ合わせ

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
トップスはリネンシャツで夏らしく、インナーは迷彩と合うように無地を合わせています。迷彩柄のフルレングスパンツを合わせる場合は、パンツのすそを2ロールぐらいまくって足元の肌を露出させましょう。シューズはレザーやスウェードのスリッポン、ローファーなどの夏らしくてオシャレな靴をはくとカッコイイです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

迷彩柄フルレングスのリネンシャツ合わせ

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
夏にフルレングスパンツをはく場合は、2ロールぐらいまくって足元の肌を露出させましょう。今回は迷彩柄(カモ柄)のパンツを合わせています。靴はサンダルやデッキシューズ、エスパドリーユやスリッポンといった夏の靴で合わせるのがカッコイイ着こなしです。トップスはリネンシャツで夏らしく、インナーは迷彩とデザインがぶつからないように無地で合わせています。
色については、ネイビーと茶色は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

夏のミリタリースタイル

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツ+迷彩(カモ柄)パンツという、「ザ・ミリタリー」なコーディネート。ミリタリーシャツは無骨なシャツのため、インナーは胸元が空いたTシャツやタンクトップで合わせます。また、靴もミリタリーテイストに合う男らしいブーツで合わせます。全体的に男らしいコーディネートです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

迷彩パンツとウエスタンシャツの無骨コーデ

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
迷彩柄(カモ柄)は軍服のためミリタリーテイストを漂わせるアイテムで、男臭い要素があります。 そんな迷彩柄(カモ柄)に今回は全身を無骨なアイテムで合わせてみました。 上はアメカジアイテムの定番であるウエスタンシャツに胸元の露出したインナーを合わせます。そして靴はボリュームのあるブーツを合わせることで、とても男らしくかっこいいコーディネートの完成です。
色については、アウター、パンツ、靴をくすみ具合を合わせて統一感を出しています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シワ加工シャツの迷彩パンツ合わせ

Small
MASON’S カーキ チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
迷彩柄(カモ柄)のパンツに男臭いアイテムを合わせたコーディネートです。 まず迷彩柄(カモ柄)は軍服のためミリタリーテイストを漂わせるアイテムで、男臭い要素があります。 今回はこの男臭いアイテムに男らしいアイテムの定番である、シワ加工シャツ、胸元の露出したインナー、ボリュームのあるブーツを合わせて、とても男らしくかっこいいコーディネートの完成です。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)は相性抜群の色の組み合わせです。 また、パンツの色もネイビーやワインレッド同様くすんだ色で合わせています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る