マリンブルーのチノパン・綿パン(無地, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。マリンブルーは地味な色である分、合わせる場合は明るめの色やはっきりした色で、色の相性が悪くない色がいいでしょう。具体的には白やクリームイエローなどがオススメです。

シャツ合わせのコーデ

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
暖かい季節にシャツをカジュアルに着こなすスタイルです。中にTシャツやタンクトップ、パンツはクロップドパンツで少し可愛く、靴は七分のクロップドパンツに合わせてハイカットのスニーカーで合わせるとバランスがいいコーディネートになります。
色についてですが、この色のパンツには焦げ茶の靴が合います。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジャケット+ハンパ丈パンツでこなれスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
暖かい(でも暑すぎない)そんな気温の春〜秋のジャケット+半端丈パンツのスタイルです。 柄ジャケットであることや、ジャケットにハンパ丈パンツを合わせるというコーディネート内容から、「オシャレ好き、ファッション好き」な人に見えます。ハンパ丈なので、靴はローファーやデッキシューズ、短靴といったなるべくローカットな靴と合わせるのが無難にオシャレです。キレイ目に行くならローファーか短靴を、カジュアルにいくならデッキシューズを合わせましょう。
色については、マリンブルーとワインレッドは「青系統にも緑系統にも近い色」と「赤系統に近い色」のため、そもそも青と赤、そして緑と赤が相性がいい色の組み合わせのため、これらも相性がいい色の組み合わせといえます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ジャケットのクロップドパンツスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ジャケットにクロップド(七分丈)パンツを合わせるスタイルです。暖かい日のカジュアルコーディネートであり、胸元が空いている方が格好良く見えるため、インナーはVネックかUネックのTシャツを合わせます。パンツの丈がハンパなので、靴はローファー、デッキシューズのようなペタンコ靴か、ジャケットのキレイ目要素と同じ短靴で合わせるのが統一感があってマッチします。ハンパ丈は1カ所しか入れてはいけないため、今回はパンツだけがハンパな長さのスタイルです。「キレイ目だけど遊び心がある」スタイルです。
色については、オレンジとマリンブルーは暖色と寒色に近い色の組み合わせのため、相性のいい色の組み合わせです。また、パンツのマリンブルーと靴のこげ茶も、暗めの色どうして相性がいい色の組み合わせです。インナーに白を持ってくることで抜け感を出してすっきりさせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

safari風の春夏スタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
ワインレッドとマリンブルーはお洒落なカラーコーディネートです。また、アウターとパンツの中途半端な色味を、インナーの白とシューズの黒でパキっと引き締める効果もあります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

夏の落ち着いたさわやかコーデ

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ギラギラワイルドというよりは、爽やかでこじゃれた雰囲気を出したい人を対象としたコーディネートです。 麻のベストにシャツ、短靴ときれい目のアイテムで合わせたコーディネートです。パンツはハーフパンツ(ショーツ)かクロップドパンツなどの肌が露出するパンツか、フルレングスパンツであればすそをまくって履きます。帽子をかぶることに抵抗が無い方は白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるとよりこじゃれた感じになります。
色の組み合わせ方は、シンプルで無難なカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

夏に海への小旅行

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ベストにシャツは似合う服の組み合わせです。暑い日のスタイルなので、リネンのベストで合わせています。ベストが無地なのでインナーのシャツは柄シャツでもOKです。また、パンツはハーフパンツやハンパ丈のパンツか、フルレングスのロングパンツの場合は裾をまくって合わせましょう。帽子をかぶることに抵抗が無い方はストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるとよりこじゃれた感じになります。
色の組み合わせ方は、シンプルで無難なカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の雨の日に、かったるそうに一服なスタイル

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
モッズコート(M51ともいいます)のように丈が長いトップスは、クロップドパンツ等の、ハンパ丈のアイテムと合わせると長さのバランスがとれます。また、モッズコートは男臭いアイテムでもあるので、ブーツと合わせるのが鉄板のコーディネートです。キーワードとしては、ヒゲ、黒のハット、タバコ、等が似合います。気だるい、かったるそうな雰囲気を醸し出します。
色の組み合わせ方は、シンプルで無難なカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

麻ベストを使った夏の爽やかスタイル!

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
麻素材は夏らしさを全開にしてくれますし、涼しくベストとして羽織っても暑苦しくなりません!エスパドリーユやサンダルを履く際は抜け感をだすため、短パンorクロップドパンツが似合いますが、フルレングスのパンツをはく場合は裾をロールアップしましょう。
色の組み合わせ方は、シンプルで無難なカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄物カーディガンを使った春夏コーデ

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
アーガイルやストライプなどの柄ものカーディガンを着こなしたい場合、インナーは無地が鉄則です!ボトムスはデニム、もしくはチノなどをノーマルに合わせカーディガンを引き立てます。夏なのでハーフパンツやクロップドで抜け感を!フルレングスの場合はロールアップしましょう。
インナーの白ですっきりさせつつも、他は全体的に暗めの色で合わせたカラーコーディネートです。マリンブルーと茶色は相性がいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジレを使った春夏コーデ

Small
JOURNAL STANDARD MEN'S マリンブルー チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
Tシャツにハーフパンツやクロップドパンツ、シューズはスリッポンorローファーという春夏のシンプルスタイルに物足りないなと感じたときなど、ジレをTシャツの上に合わせるだけで、ラフな印象を引き締めてお洒落な印象が増します。
パンツが地味な色である分、上半身は青と白で鮮やかめに、シューズはアウターやパンツの色と相性がいい茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る