鮮やかな水色のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。水色に比べてより鮮やかなので、水色に対してピンクが相性が良かったように、ビビットピンクと合います。もちろん水色のため、オレンジとも相性がいい色です。

アメカジらしさで格好良くまとめたスタイル

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
パンツの水色と相性がいいのが白のアウター。この2色および2箇所が表面積も大きく目立つため、インナーとシューズは一般的な色で合わせてバランスをとります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

タバコを片手に気だるそうに一息コーデ

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
モッズコートにVネックTシャツとエンジニアブーツを合わせることで、モッズコートが持つ「男らしい系アイテム」という属性と「モード系アイテム」という属性のうちの男らしい方にふれたコーディネートになります。 帽子をかぶることに抵抗がない、オシャレな人は黒のハットをかぶるのもアリです。
色については、ピンクと水色は暖色と寒食で相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

トレンチコートちょいラフコーデ

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
シングルのトレンチコートはえりが高いコートのため、インナーにUネックカットソーを合わせると、コートのえりの高さに対して、カットソーの胸元の深いところまで、首・胸元まわりの肌の露出が広く見えて、格好よく見えます。なお、シングルの場合は春、ダブルのトレンチコートの場合は秋に着るのが一番季節感とはあっています。今回はインナーにTシャツを合わせ、細身のパンツにキレイ目な靴を合わせるという少しラフなとりわけ春先に合うトレンチコートスタイルです。
色については、ピンクと水色は暖色と寒食で相性がいい色の組み合わせです。

モッズコートのVラインスタイル

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
モッズコート(M51ともいいます)のように丈が長いトップスは、スキニーパンツやテーパードパンツ等の細身のパンツと合わせると、Vラインのスタイルを作りバランスがとれます。また、スキニーのパンツと合わせると、雰囲気としてモードなテイストになります。モッズコートは男臭いアイテムでもあるので、ブーツと合わせるのが鉄板のコーディネートです。キーワードとしては、ヒゲ、黒のハット、タバコ、等が似合います。気だるい、かったるそうな雰囲気を醸し出します。
色については、ピンクと水色は暖色と寒食で相性がいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
ピンクとベージュはどちらも彩度が低い色同士で、また水色とピンクは相性がいいカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートのカジュアルコーデ

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
チェスターコートを羽織りつつ、カジュアルテイストに仕上げたコーディネートです。チェスターコート、短靴、チャッカブーツがもつ品の良さに、セーターやカーディガンがもつ優しい雰囲気が合わさっています。
ピンクと水色は相性のいいカラーコーディネートです。他の色を、ピンクと相性がいいグレーのみで抑えていて、5アイテムありながら3色で抑えているレベルの高いお洒落なカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと可愛さを兼ね備えたスタイル

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
水色は青系統色なのでシューズは茶色で合わせたいのですが、コーディネートの最上部にあるアウターのオレンジが明るい色である分、地面に1番近いシューズは暗めに色を落とす方がバランスがとれるので、こげ茶のシューズを合わせます。このパンツに対するシューズの色の合わせ方は、これぞファッションのカラールールを抑えたカラーコーディネートと言えます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ダウンベストとショールカラーカーディガンは似合う服のコーディネートです。また、ショールカラーカーディガンのニット特有の優しさを演出する事も出来ます。パンツはデニムやチノで合わせてもOKですし、コーデュロイパンツで合わせると季節感が出ます。
ブルーグリーン、水色と青に近い色が2色入っているため、シューズは茶色系統は相性がいい合わせ方です。この3色以外は無彩色で合わせて色を邪魔しないようにしています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーの無骨さと可愛さを兼ね備えたコーデ

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
えりがたっていない(かさばらない)ブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。MA-1フライトジャケットは襟が短い上にやわらかくブルゾンなので、インナーにパーカーを差し込む事が出来ます。また、ミリタリーという無骨系アイテムであるMA-1の無骨さを、可愛い系のアイテムであるパーカー中和することでバランスのいいコーディネートになります。
ブルーグリーン、水色と青に近い色が2色入っているため、シューズは茶色系統は相性がいい合わせ方です。この3色以外は無彩色で合わせて色を邪魔しないようにしています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンパーカーコーデ

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
ブルーグリーン、水色と青に近い色が2色入っているため、シューズは茶色系統は相性がいい合わせ方です。この3色以外は無彩色で合わせて色を邪魔しないようにしています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る