鮮やかな水色のチノパン・綿パンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。水色に比べてより鮮やかなので、水色に対してピンクが相性が良かったように、ビビットピンクと合います。もちろん水色のため、オレンジとも相性がいい色です。

鮮やかな水色のチノパン・綿パン(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジャーナルスタンダード 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
パンツの水色と相性がいいのが白のアウター。この2色および2箇所が表面積も大きく目立つため、インナーとシューズは一般的な色で合わせてバランスをとります。

鮮やかな水色のチノパン・綿パン(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

鮮やかな水色のチノパン・綿パン(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
パンツの水色と相性がいいのが白のアウター。この2色および2箇所が表面積も大きく目立つため、インナーとシューズは一般的な色で合わせてバランスをとります。

鮮やかな水色のチノパン・綿パン(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

鮮やかな水色のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
G-Star Raw 鮮やかな水色 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
パンツの水色と相性がいいのが白のアウター。この2色および2箇所が表面積も大きく目立つため、インナーとシューズは一般的な色で合わせてバランスをとります。

鮮やかな水色のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る