黒・ブラックのジャージパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ジャージのパンツです。ヨーロッパでジャージスタイルがブームになっていて、いずれ日本にもやってくるかもしれません。もちろん違和感がないのはトップスもジャージで合わせるスタイルですが、ジャージはブルゾン(ジャンパー)なので、意外と他のブルゾンと合わせても着こなすことができます。メンズのジャージパンツを着こなすとラフでカジュアルでありながらおしゃれに見えるかっこいいコーディネートになります。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

流行のきざしのジャージスタイル

Small
WHO'S WHO gallery 黒・ブラック ジャージパンツ
コーディネートのポイント
2015〜2016に来ると言われているジャージパンツスタイル。トップスはナイロンのブルゾンで合わせて素材感のバランスをとり、靴はローカットスニーカーでカジュアルに合わせましょう。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

短丈ジャージパンツのスタイル

Small
WHO'S WHO gallery 黒・ブラック ジャージパンツ
コーディネートのポイント
短丈のジャージパンツは実はオシャレアイテムとして使えるアイテムです。今回はマウンテンパーカーをアウターとして着て、中はタンクトップでゆるくあわせてシューズはカジュアルにローカットスニーカーで合わせるスタイル。ジャージのリラックスした雰囲気は、余裕がある男に見せる効果があります。
色については、無彩色であるブラック、グレーに、1色だけ有彩色であるグリーンを合わせたオシャレな色の合わせ方です。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

上下ジャージ+シャツのオシャレ上級者スタイル

Small
WHO'S WHO gallery 黒・ブラック ジャージパンツ
コーディネートのポイント
完全にオシャレ上級者向けのスタイルですが、上下ジャージにした上で、インナーにシャツを着るスタイル。ポイントはパンツがハーフ丈であること。靴はジャージのスポーティなスタイルに合わせてスニーカーで合わせます。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。