ベージュのスラックス(無地, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツのパンツのような折り目が入っているパンツのことです。キレイ目、おしゃれで上品なパンツの代表格です。春夏秋冬通年で着こなしができるおしゃれアイテムで、メンズの間でもよくコーディネートではかれています。メンズファッションのコーディネートでは欠かせないパンツですね。コーデする際は、ノーカラーシャツなどのきれい目な要素があるアイテムと、レザーシューズや短靴と合わせるととてもよく似合い、おしゃれな着こなしになります。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ノーカラーシャツをアウターとして着る場合

Small
LAD MUSICIAN ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、その名の通り「シャツ」なので、品がいい、きれい目コーディネートとはもともと相性がいいアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。
色についてはベージュ、ブラウン、ホワイトの相性が良いため組み合わせ的にとてもバランスがとれています。この色の組み合わせはアースカラーと呼ばれるも ので、カラーコーディネート的に整った印象になります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

襟なしストライプシャツを使ったコーデ

Small
LAD MUSICIAN ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、「シャツ」なので、品がいい、きれい目な要素があるアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。今回はストライプのものを想定していますが、ストライプは幅が狭いほどきれいめ、広いほど可愛いめな印象を与えると言われています。 
色については、明るい青とベージュはどちらも明度(明るさ)と彩度(鮮やかさ)が同じぐらいで相性がよく、また、ベージュのパンツに対して同系統色でより濃い色である茶色を靴に合わせることも、パンツと靴の色の合わせ方のルール上正しいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

フェイクシャツのショーツ・短パンスタイル

Small
LAD MUSICIAN ベージュ スラックス
コーディネートのポイント
フェイクシャツに短パンを合わせる夏のスタイルです。フェイクシャツも、短パンも若い雰囲気になるアイテムですので、この要素と合わせれば靴はスニーカーに。また、夏らしさ&短パンにより素足が露出することと相性が良い靴とし合わせるならデッキシューズで合わせましょう。
色については、トップスからシューズに、上から下にかけて色の明度(明るさ)が下がっていく(=暗くなっていく)のは、色のおさまりがいい合わせ方です。(実際の世界も、空に近いほど明るく、大地に近いほど暗い色になるからです)

夏のメンズコーディネートをもっと見る