茶色のデッキシューズのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

夏に短パンと合わせることが多いのがこのデッキシューズです。くるぶしが見えるぐらいの、はき口が低い靴です。一般的に、ひもと生地の色が違うことが多く、また、ソール(底)部分が白いことが多いです。春・夏に向けておすすめなファッションアイテムであるデッキシューズ。マリンコーデが大ブームとなった頃から、メンズのシューズの中では鉄板のアイテムです。特徴としては、高さの低いローファーのようなシルエット、周りにレザーの紐が通されている、水をはじくようなソール、などが挙げられます。 茶色・ブラウンは落ち着いた色です。ネイビーと合わせるととてもオシャレになります。

茶色のデッキシューズのメンズコーディネート・着こなし

Small
nano・universe 茶色 デッキシューズ
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

茶色のデッキシューズのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る