紺・ネイビーのデザートブーツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デザートブーツは、チャッカブーツにも似ている、主にスウェード等のやわらかい素材でできたショート丈(くるぶしぐらいまで高さ)のブーツです。30歳以上の方に似合うメンズに人気のおしゃれなアイテムです。スニーカーを合わせるコーディネートを、もう少し大人っぽくしたい際にはこのブーツを合わせるといいでしょう。メンズのファッションでオシャレにブーツを着こなすためには、デニムベストとカーゴパンツ、もしくは無地のチノパンにデザートブーツで男らしい着こなしをして全体をカジュアルとワイルド系で合わせます。 紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、ブルー系の色でまとめた爽やかなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地カーディガンの大人カジュアルスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回は男らしく胸元が空いたUネックで合わせたパターンです。(性格的に控えめ、おとなしい方は丸首で合わせてもOKです)カーディガンが無地のため、Tシャツは柄が入っていても大丈夫。柄が入ることで、多少親しみやすくなります。(ただし、無骨さは下がりますので、より男らしい方がいい方は無地でもOKです)靴はデザートブーツで合わせるとスニーカーで合わせるよりも少し大人なカジュアルスタイルになります。
色については、ブルー系の色でまとめた爽やかなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

オーソドックスなジャケットスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットにプリントTを合わせる基本のカジュアルコーディネートです。パンツはデニムかチノパン・綿パンと合わせ、靴はブーツで合わせます。丸首プリントTは、40歳以上、あるいは控えめな性格の方はとりわけ似合います。ジャケットのキレイ目、プリントの少し可愛い要素、ブーツの男らしさがバランスよくミックスされたコーディネートです。
色については、青とオレンジはオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

親しみやすいジャケット+プリントT

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
Uネック、VネックのTシャツは胸元が見えることで男らしさがアピールされつつも、プリント柄があることで無地Tよりも親しみやすくなります。なお、控えめな性格の方は首元がつまりぎみの丸首Tシャツの方が似合いますが、単純に外見を格好よくしたければ、UネックやVネックTで合わせる事をオススメします。(顔が大きい方も、小顔効果があるのでUネックやVネックTをオススメします。サングラスやネックレス、季節によってはストーツやマフラーを巻くと、余計小顔効果が促進されます)
色については、青とオレンジはオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

落ち着いた人に見えるカーディガンスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回は丸首の無地Tで無難に合わせたパターンです。(性格的に好戦的、積極的な方はUネックの方が似合います。)無地と無地の組み合わせは、とりわけ年を重ねた人に似合うため、「落ち着いた人」に見える効果があります。靴はデザートブーツで合わせるとスニーカーで合わせるよりも少し大人なカジュアルスタイルになります。
色については、青とオレンジはオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ニットベストのキレイ目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
ニットベストはベストなので、インナーにはシャツを合わせます。パンツはデニムやチノで合わせ、靴はキレイ目にいくなら短靴、カジュアルにいくならブーツと合わせるとカッコいいコーディネートです。
色については、ネイビーとグレーの2色で統一されたクールでレベルの高いカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地ニットベストのシャツ合わせスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
ニットベストにはシャツを合わせます。(そもそもベスト+シャツは相性のいい服の組み合わせ方です。シャツでもネルシャツでもOKです。)カジュアルにデニムを合わせて、靴はワークブーツやスニーカー、デザートブーツを合わせるか、キレイ目にチャッカブーツを合わせてもOKです。
色については、ネイビーとグレーの2色で統一されたクールでレベルの高いカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

落ち着いた大人のカーディガンスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回は無地のUネックTで男らしく合わせたパターンです。(性格的に控えめ、おとなしい方は丸首で合わせてもOKです)無地と無地の組み合わせは、とりわけ年を重ねた人に似合うため、「落ち着いた人」に見える効果もあります。靴はデザートブーツで合わせるとスニーカーで合わせるよりも少し大人なカジュアルスタイルになります。
色については、ネイビーとグレーの2色で統一されたクールでレベルの高いカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとショールカラーカーディガンは似合う服のコーディネートです。また、ショールカラーカーディガンのニット特有の優しさを演出する事も出来ます。パンツはデニムやチノで合わせてもOKですし、コーデュロイパンツで合わせると季節感が出ます。
色については、ネイビーを無彩色の白とグレーで合わせたクールでオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デニムベストのオシャレなスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 紺・ネイビー デザートブーツ
コーディネートのポイント
デニムベストを着用するため、パンツにはデニムは持って来れません。(上下同じ素材はNGです。)また、デニムベストはデニム(無骨系)とベスト(品がいい)の属性が融合されていますが、今回はこのデニムの無骨系の方をとり、パンツはカーゴ(あるいは属性として無属性のチノ)、靴は男らしいブーツで合わせます。
青系統色+無彩色(モノトーンカラー)のみで統一したカラーコーディネートです。アウターが青、シューズがネイビーと、上にある色の方がより明るく、下にある色の方がより暗い色にすることで、収まりがいいカラーコーディネートとなります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る