カーキのエスパドリーユのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

エスパドリーユのコーデでは、色は主に白、ベージュ、茶色が多く、コーディネートの際は丈が短いパンツである短パンやクロップド(七部)パンツと合わせます。このシューズは夏用の、靴のソール(底)部分が縄で、生地が布の、デッキシューズやスリッポンの形の靴です。暑い季節にはスニーカーをはく人も多いと思われますが、エスパドリーユだと足元も涼しくなり、素足も見せれるので夏の着こなしにはぜひ合わせたい人気のメンズアイテムです。メンズコーデではぜひおさえておきたいアイテムの一つです。カーキ色はミリタリーでよく見られる色のため、本来ミリタリーのアイテムでないアイテムでもミリタリーテイストになります。

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
ストライプやチェックなどの柄シャツを一枚で着こなす場合のコーディネートです。柄シャツの場合、ボトムスは無地が鉄則です!春夏なのでハーフパンツを合わせ、足元はスリッポン、デッキシューズ、エスパドリーユ、ローカットスニーカーなどであくまでシャツのきっちり感を着崩すようにしましょう。
トップスとシューズにカーキをもってきて、間にブラックをはさむことで統一感のあるカラーコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

総柄ポロシャツのコーディネート

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
ポロシャツはシンプルな柄が多いため、総柄のポロシャツはそれだけでオシャレ要素の強いアイテムになります。ただ、もちろん柄のアイテムですから、上下が柄はNGです(見た目が柄だらけでごちゃごちゃになってしまうため)。 したがって、パンツは無地で合わせましょう。特にハーフパンツと合わせるとよりオシャレです。
トップスとシューズにカーキをもってきて、間にブラックをはさむことで統一感のあるカラーコーディネートになります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

夏らしさ全開!半袖シャツを使ったコーデ

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

VネックTとハーフカーゴスタイル

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
ハーフカーゴパンツはカーゴということで無骨系パンツですから、男らしくVネックTと合わせるのは相性良し。柄もののTシャツと合わせることで、無骨なだけでなくコーディネートに「可愛い」要素が加わります。足元はハーフパンツを履く季節感と合わせてエスパドリーユやサンダルで合わせましょう。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地ポロシャツのベーシックスタイル

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
ポロシャツは長ズボンよりも短パンで合わせるのが、シンプルにカッコいいスタイルです。とりわけ今回は無地のポロシャツですので、長いパンツと合わせると平凡なスタイルになりがちです。ハーフパンツと合わせることでこなれたスタイルになります。また、靴もシーズンの靴をこだわって合わせています。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地ポロシャツの短パン合わせ

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
無地のポロシャツに柄のパンツを合わせる、ちょっと可愛いコーディネートです。無地ポロシャツが一般的なよく見かけるアイテムである分、パンツも無地のフルレングスパンツで合わせると平凡な雰囲気になってしまいますので、パンツは柄モノにしたうえで、ポロシャツとの相性を考えてハーフ丈のパンツで合わせます。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツには短パン合わせ

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
ポロシャツに合わせるコーディネートでパンツが柄でフルレングスですと、柄の表面積が大きくなってしまいますから、ハーフパンツで合わせるとスッキリします。ポロシャツが無地でなく少しでも柄が入っている場合において、ひとまずパンツも無地にしておけば無難です。靴はスニーカーか、かかとの高さが低い暖かい季節向けのシューズで合わせましょう。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマーニットにハーフパンツスタイル

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
サマーニットは夏のアイテムですから、パンツも夏らしく丈の短いものと相性抜群。例えばハーフのデニムやチノパンで合わせた上で、靴はメッシュのスリッポンやエスパドリーユやデッキシューズで合わせることでコーディネート全体から夏の要素が漂うスタイルになります。今回はニットが無地のため、パンツは柄で合わせます。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄のサマーニットの着こなし

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
サマーニットは夏らしく丈の短いパンツも相性がいいアイテム。 例えばハーフのデニムやチノパンで合わせた上で、靴はメッシュのスリッポンやエスパドリーユやデッキシューズで合わせることでコーディネート全体から夏の要素が漂うスタイルになります。柄ニットにはパンツは無地で合わせます。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ハンパ袖ヘンリーネックの夏のきこなし

Small
ビームス メン カーキ エスパドリーユ
コーディネートのポイント
ヘンリーネックに無地の短パンに、サンダルやデッキシューズ、エスパドリーユといった夏の靴を合わせたシンプルなコーディネートです。Tシャツのそで丈がハンパ丈なので、パンツはこのようにハーフパンツか、逆にフルレングスをまくって履くかがオススメです。クロップドパンツは上下ともにクロップド(ハンパ)丈になってしまうので禁物です。
全体的に暗い色でトーンを合わせていて統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る