明るい青のサンダルのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

最近はスポーツサンダルといわれるサンダルもあります。夏のコーディネートには欠かせないアイテムです。必ず短パンと合わせましょう(合わせるパンツが短パン以外ですと、コーディネートとして少しダサくなります)。サンダルはカジュアルな印象にしてくれて、サンダルにくつ下をはこうとする人がいますが、やはりソックスははかずに素足でいた方がいいと思います。サンダルをはくメンズのコーデとしては無地の白Tシャツとネイビー・紺のハーフパンツのリラックススタイルがおすすめです。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
柄物シャツを前開きで着る場合、インナーは無地が鉄則です。タンクトップやUネック、Vネックを合わせるとちょっと男らしい印象もプラスすることが出来ます。春夏向けのコーデなので、ボトムスはクロップドもしくはハーフパンツをチョイス。足元はサンダルやスリッポン、デッキシューズなどを履いて抜け感を演出しましょう!カジュアルなスニーカーでも可です。
色については、暖色のピンクと寒色のブルーはオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツには短パン合わせ

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツに合わせるコーディネートでパンツが柄でフルレングスですと、柄の表面積が大きくなってしまいますから、ハーフパンツで合わせるとスッキリします。ポロシャツが無地でなく少しでも柄が入っている場合において、ひとまずパンツも無地にしておけば無難です。靴はスニーカーか、かかとの高さが低い暖かい季節向けのシューズで合わせましょう。
色についてはホワイト、レッド、ブルーの3色はフランスの国旗と同じ色の組み合わせでバランスのとれたカラーコーディネートですが、赤よりもワインレッドのようにくすんだ色の方がより大人っぽく見えます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

Tシャツ&ハーパンの究極の春夏シンプルコーデ

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色については、ブルーとグレーの2色に絞ったクールで爽やかな配色です。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地ポロシャツの短パン合わせ

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
無地のポロシャツに柄のパンツを合わせる、ちょっと可愛いコーディネートです。無地ポロシャツが一般的なよく見かけるアイテムである分、パンツも無地のフルレングスパンツで合わせると平凡な雰囲気になってしまいますので、パンツは柄モノにしたうえで、ポロシャツとの相性を考えてハーフ丈のパンツで合わせます。
色については、ブルーとグレーの2色に絞ったクールで爽やかな配色です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

総柄ポロシャツのコーディネート

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツはシンプルな柄が多いため、総柄のポロシャツはそれだけでオシャレ要素の強いアイテムになります。ただ、もちろん柄のアイテムですから、上下が柄はNGです(見た目が柄だらけでごちゃごちゃになってしまうため)。 したがって、パンツは無地で合わせましょう。特にハーフパンツと合わせるとよりオシャレです。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地ポロシャツのベーシックスタイル

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
ポロシャツは長ズボンよりも短パンで合わせるのが、シンプルにカッコいいスタイルです。とりわけ今回は無地のポロシャツですので、長いパンツと合わせると平凡なスタイルになりがちです。ハーフパンツと合わせることでこなれたスタイルになります。また、靴もシーズンの靴をこだわって合わせています。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

VネックTとハーフカーゴスタイル

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
ハーフカーゴパンツはカーゴということで無骨系パンツですから、男らしくVネックTと合わせるのは相性良し。柄もののTシャツと合わせることで、無骨なだけでなくコーディネートに「可愛い」要素が加わります。足元はハーフパンツを履く季節感と合わせてエスパドリーユやサンダルで合わせましょう。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

アロハシャツの鉄板スタイル

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
アロハシャツは夏のアイテムで、夏のトップスには肌が露出するハーフパンツが似合います。デッキシューズやサンダル、エスパドリーユ、スリッポンも夏のアイテムですので、これらを組み合わせます。リネンシャツを前を開いて着る場合は、インナーにはタンクトップを着て男らしさを出しましょう。帽子をかぶることに抵抗が無い方は、白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
インナーのピンクとシューズの明るい青は相性がいい色のコーディネートです。この2色を邪魔しないように、他の色をグレー、白といった無彩色(モノトーンカラー)で合わせています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

クロップドカーゴの無骨スタイル

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
クロップド(七分丈)のカーゴパンツは、無骨さと暖かい季節の短丈要素の両方が備わったアイテム。 同じく無骨なミリタリーシャツやデニムシャツと合わせつつ、インナーも無骨にタンクトップで合わせ、靴は短丈であることを生かしてサンダルで合わせると男らしさと暖かい日の抜け感の両方が備わった男らしい夏スタイルになります。
青系統色をメインに、インナーとパンツはそれぞれの場所で使われる服の色として一般的な白、ベージュで合わせ、ブルーを主張するようにコーディネートしています。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

safari風の春夏スタイル

Small
フォーワンセブン バイ エディフィス 明るい青 サンダル
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、クリームイエローと明るい青は相性が良い色の組み合わせです。この2色を邪魔しないように、他の色を無彩色の白とグレーで合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る