赤のカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ニットにかかわらず、前ボタンで開くカーディガン。ここ最近は、半袖や七分袖のカーディガンも出てきました。カーディガンなどのニット系アイテムは、優しい、上品な雰囲気をつくるアイテムですので、一般的にはおとなしめの印象のメンズや、草食系なイメージの人に似合うとされています。反対にアメカジ系などの男らしい・無骨でワイルドスタイルを好む方は、シャツなどと合わせた上品なコーディネートにしてしまうと、イメージと違って似合わなくなるケースに陥ってしまうので注意しましょう。 赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

無地on無地の落ち着いたカーディガンスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。今回はアウターもインナーも無地であることによる落ち着いた、そしてニットの優しさのある雰囲気を、パンツと靴もシンプルに合わせることで全面に出します。
色については、赤と黒は格好よく見える色の組み合わせ方です。また、全体的にも、モノトーン(白黒グレ—)+有彩色1色でまとめていると、とても収まりがいい色の合わせ方になります。赤で目立つトップスをパンツと靴を黒くすることで抑えています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地on無地の落ち着いたカーディガンスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回はさらにパンツをチノ、靴を短靴やローファーにすることで、キレイ目の印象も加えます。
無彩色(黒、白、グレー)+赤の組み合わせです。赤と黒はオシャレな色使いです。インナーは白だとより元気がいいイメージを与え、このようにグレ—だと白よりは多少落ち着いた雰囲気に見えます。インナーの方がパンツより明るい色の方が収まりがいいコーディネートになります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

優しさと品の良さのカーディガンシャツスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンは優しい印象を与えるアイテムで、シャツは品がいい、キレイ目なアイテムなので、この2つのを合わせると、「育ちがいい、いい子ちゃん」風に見えるスタイルになります。外見上は、細身の人に似合いますが、そのままだと「アクがない、男らしさが足りない」人に見えます。コワモテの人は逆にこのようなスタイルをすることで怖い印象を無くすことができます。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

優しさと可愛さのカーディガンシャツスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地カーディガンの可愛めな着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツはチノパン・綿パンで合わせ、今回は、品が良くなる短靴やローファーでキレイ目に合わせます。全体的に、「キレイ目+可愛い」印象を与えるスタイルです。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地カーディガンのシンプルスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツと靴はカジュアルに、パンツはデニムやチノパン・綿パンで合わせ、靴はローカットのスニーカーと合わせます。カーディガンの前は閉じずに開きましょう。全体的に「カジュアル+優しい」印象を与えますので、もともとが柔らかい雰囲気の人には似合う一方で、男らしさはないスタイルですから、どちらかというともともと男臭すぎる雰囲気の人が男くささを和らげる時に着るのが1番効果的です。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

カーディガンオシャレ男子スタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツはチノパン・綿パンで合わせ、靴はスリッポンと合わせます。薄着とスリッポンは相性がいいコーディネートで、普通のスニーカーで合わせるよりもオシャレ度合いが高まります。カーディガンの前は閉じずに開きましょう。全体的に、「優しい&ファッション好き」な印象を与えます。首元が寒い場合はストールを巻くと、よりカーディガンオシャレ男子の雰囲気が高まります。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地カーディガンと無地Tのスリッポンスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
今回は無地のカーディガンに無地のインナーを合わせます。Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。基本的にファッションにおいて「柄」は「可愛い」要素です。(最も可愛いのは水玉で、その次にギンガムチェック等) 逆に無地だと「落ち着いた」「男らしい」印象を与えます。今回は靴をスリッポンにすることで、スニーカーで合わせるよりもさらにオシャレな、気取った雰囲気を出します。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

カーディガンのメンズスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回は丸首T(控えめな性格の方にはこちらの方が合います)で合わせます。また、カーディガンが無地なので、Tシャツを無地でなく柄Tで合わせることもでき、この場合無地Tよりも「可愛い・幼い」印象を与えます。親しみやすいともいえますので、コワモテの方にはより効果的です。パンツはチノかデニムでカジュアルに合わせ、Tシャツを可愛くした分、靴はワークブーツで男らしくするとバランスがとれます。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地カーディガンの柄T合わせスタイル

Small
TAKEO KIKUCHI 赤 カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンが無地なので、中に柄のTシャツを合わせます。また、カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回はより男らしさが出るUネックで合わせます。なお、柄があるTシャツは、無地Tよりも「可愛い・幼い」印象を与えます。「親しみやすい」ともいえますので、コワモテの方にはより効果的です。パンツはチノかデニムでカジュアルに合わせ、Tシ ャツを可愛くした分、靴はワークブーツで男らしくするとバランスがとれます。
色については、赤と紫はお洒落な色の組み合わせです。茶色は赤系統の色のため、靴をこげ茶色で合わせるのも相性がいい色の組み合わせ方です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る