黒・ブラックのシャンブレーシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャンブレーシャツはぱっと見はデニムシャツのように見えますが、デ二ムよりも生地が薄いシャンブレーという生地のシャツです。男臭いメンズアイテムで、ワイルドで無骨系の男性が着るとよく似合いますが、他のメンズでももちろん着こなしができます。おしゃれなメンズコーディネートとしては、チノパン、Gパン、綿パンが一般的な着こなし方です。ただし、光沢感があるボトムスは合わないので、スラックスやウールパンツを合わせるのは止めておきましょう。 黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

暖かい日のシャンブレーシャツ基本スタイル

Small
G-Star Raw 黒・ブラック シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
初めて見た人にはパッと見デニムシャツに見えるシャンブレーシャツ。このシャンブレーシャツの着こなしについてです。基本的に前は閉じることが多く、その場合パンツはチノパン、靴はスニーカーかデッキシューズが一般的です。フルレングス(短パンでもハンパ丈でもない足下までの長さ)のロングパンツにデッキシューズを合わせる場合、パンツの裾はまくりましょう。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツとデニムのスタイル

Small
G-Star Raw 黒・ブラック シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツとデニムパンツを使ったコーディネートです。この2つだけだと見た目のインパクトが弱いので、靴はブーツで合わせます。シンプルなスタイルになりますので、ブレスレットなどをつけてもいいかもしれません。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツとカーゴのワーク系コーデ

Small
G-Star Raw 黒・ブラック シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツにカーゴパンツにブーツと、全体的にワーク系のコーディネートで、つば付きのゆるいキャップが似合うコーディネートです。男らしい方向に雰囲気を出したい方用のコーディネートです。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットパンツのリラックス無骨コーデ

Small
G-Star Raw 黒・ブラック シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
スウェットパンツというラフ感全開のアイテムを多少男臭く着こなすコーディネートです。 トップスはシャンブレーシャツ、そして靴は重厚感のあるブーツを合わせることで、ラフなスウェットパントを固めのアイテムでバランス良く取り囲んだコーディネートになります。 また、今回靴にブーツを持ってきた理由としては、そもそもシルエットとしても素材としてもスウェットパンツとブーツはとても相性が良く、服の合わせ方をわかっている人という印象を与えることにもつながります。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板のオシャレな組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツのスタンダード無骨コーデ

Small
G-Star Raw 黒・ブラック シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツを無骨に着こなす入門編のようなコーディネートです。 シャンブレーシャツに胸元がみえるインナー、無地のチノパン・綿パンに、ゴツめのブーツといった、男らしい要素を多めに取り入れてみました。これで靴をスニーカーにするとだいぶ普通の組み合わせになりますのでご注意ください。 この程度では男臭さが足りないと感じる方はカーゴパンツなどと合わせて、さらに無骨感を高めたコーディネートも、とてもかっこいいコーディネートになります。
色については、グリーンとワインレッドはオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーに迷彩パンツスタイル

Small
G-Star Raw 黒・ブラック シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
迷彩柄(カモ柄)のチノパン・綿パンにシャンブレーシャツを合わせたスタイルです。 迷彩柄は軍服のためミリタリーテイストを漂わせるアイテムで、男臭い要素があります。今回は迷彩柄のパンツに、シャンブレーシャツ、胸元の露出したインナー、重厚感のあるブーツを合わせることで、男らしくかっこいいコーディネートにしてみました。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。カーキを引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツを春夏以外に着る場合

Small
G-Star Raw 黒・ブラック シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツはそもそも春夏に着るのが通常のアイテムですが、これをあえて他の季節に着るとした場合のコーディネートです。アウターは、「組み合わせとして、というよりもともかく寒いから着る」という理由で着られやすいダウンジャケットならば、合わせててもおかしくありません。パンツはチノパン、靴は男らしくブーツで合わせるとシャンブレーシャツを使った格好いい寒い季節のコーディネートになります。
色については、紫は黒、グレーと相性がいい色ですので、このように色を合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

シャンブレーシャツのインナー使い

Small
G-Star Raw 黒・ブラック シャンブレーシャツ
コーディネートのポイント
シャンブレーシャツを春夏以外にインナーで使う場合のコーディネートです。ボアブルゾン、ボアジャケットといったボア付きのアウターはアメカジテイストが強いアウターですが、シャンブレーシャツもデザインがデニムシャツに近く、アメカジアウターとデニムの相性はいいため、シャンブレーシャツも合わせやすいといえます。したがって、ボア付きアウターを羽織り、パンツはジーンズだと上下デニムっぽく見えてしまうので、チノパンを、靴はやインナーに合わせてワークブーツで男らしく合わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る