茶色の丸首セーターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

胸元が空いておらず、Vネック等よりも詰まっているセーターです。クルーネックセーターともいいます。大人っぽい着こなしをしたいときに活用できるメンズファッションアイテムです。トレンチコートやジャケットを羽織るとより一層上品なコーディネートになります。カラーコーディネートでいえば、青のパンツとブラウンの靴との相性はとてもいいので男性のみなさんにはぜひ着こなしでほしいおすすめアイテムです。茶色・ブラウンは落ち着いた色です。ネイビーと合わせるととてもオシャレになります。

茶色の丸首セーターのメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング 茶色 丸首セーター
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにニットを合わせ、素材感の違う2つのトップスで素材感のバランスをとり、パンツはデニムやチノ、靴はスニーカーと下半身はラフに合わせたスタイルです。服の合わせ方自体は一般的な分、服自体のデザイン性や品質、色の合わせ方で差をつけたいコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。茶色を引き立たせる効果があります。

茶色の丸首セーターのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

茶色の丸首セーター(ボーダー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ユニオンステーション 茶色 丸首セーター
コーディネートのポイント
ピーコートのインナーをニットで合わせ、ピーコートのキレイ目要素+ニットの優しい要素で上品で好感度の高い上半身にしつつ、ただのキレイ目でまとめないで、パンツをデニムやチノ、靴をスニーカーとカジュアルダウンさせることで、親しみやすいスタイルになります。首元が寒い場合ははマフラーを巻いて巻きましょう。丈が長いピーコートではないので、パンツの太さは問いません。(もし丈が長いピーコートの場合は、細めのパンツの方が全体的に綺麗なシルエットになります)
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

茶色の丸首セーター(ボーダー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

茶色の丸首セーター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ 茶色 丸首セーター
コーディネートのポイント
オーソドックスなセーター+シャツのスタイルです。セーターが持つ優しい雰囲気にシャツが持つ品の良さがミックスされて、「爽やかないい人」に見えるコーディネートです。
色については、アウターがある程度年齢を重ねた人に合いやすい茶色で、インナーには、オシャレな人しか着ないカラーシャツを合わせているため、大人っぽさと「オシャレさん」といった印象を両方与えるコーディネートです。

茶色の丸首セーター(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る