赤の丸首Tシャツ(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

Vネック、Uネックと違い、こちらは首回りの肌の露出を抑えています。性格が控えめな人はVネックやUネックよりこちらの方が落ち着くと思われます。また、35歳を越えてくると、VネックやUネックのように肌を露出するより丸首にして肌の露出を抑えたほうが落ち着いた大人に見えます(よほどワイルドな性格や見た目の人は違います)。コーディネートとしては丸首Tシャツとハーフパンツを合わせてシンプル&ラフスタイルで決めるといいです。メンズのコーディネートで、だれでも着こなしやすいおしゃれな組み合わせです。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

秋冬の優しさと男らしさミックススタイル

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

大人の落ち着いたジャケットスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
40歳以上の大人の方、あるいは、性格的にワイルドやガツガツ前に行く方ではない、控えめだったり落ち着いている方の場合は、胸元を露出しない丸首Tシャツが似合います。 その上で、「可愛い」スタイルに見せたい場合はプリントTにするといいですし、そういった「可愛い」要素が入るのは嫌な場合は、シンプルに無地Tで合わせましょう。
ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬のダウンジャケットのゆるカジュアル

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのカジュアルなスタイル。インナーにはTシャツ、パンツはスウェットパンツ、靴はブーツで合わせます。アウターがダウンジャケットで重いごわついたトップスになる分、パンツをゆるくスウェットにしてリラックスした雰囲気にすることで「余裕がある人に見える」効果があります。また、靴をワークブーツにして男らしい雰囲気をプラスすることで、防寒的にもシルエット的にもカッコいいダウンジャケットのスタイルになります。
ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

N-3Bの男らしいコーデ(ももが太い人用)

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
N-3Bは男らしい、無骨の属性を持つミリタリーアウター。したがって、インナーには同じく無骨系アイテムである胸元が空いたUネックのカットソーやデニム・チノといったカジュアルで素材が固めのパンツ、靴は男らしいエンジニアブーツと合わせます。季節が寒い時期のアイテムのため、男らしさをもとめつつ防寒効果で丸首Tシャツでも大丈夫です。
色については、赤と緑は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

トレンチコートちょいラフコーデ

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
シングルのトレンチコートはえりが高いコートのため、インナーにUネックカットソーを合わせると、コートのえりの高さに対して、カットソーの胸元の深いところまで、首・胸元まわりの肌の露出が広く見えて、格好よく見えます。なお、シングルの場合は春、ダブルのトレンチコートの場合は秋に着るのが一番季節感とはあっています。今回はインナーにTシャツを合わせ、細身のパンツにキレイ目な靴を合わせるという少しラフなとりわけ春先に合うトレンチコートスタイルです。
色については、赤と緑は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

気取ってなく見せたい、ちょっとそこまで用

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーとオールカジュアルアイテムでのコーディネートです。きれい目コーディネートが好きではなく、なるべくゆるっと、気を使っていない風に見せたい人にオススメです。
色については、無彩色であるブラック、グレーに、1色だけ有彩色である赤を合わせたオシャレな色の合わせ方です。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ポイントはカウチンニットとムートンブーツ

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
カウチンニットにTシャツ、デニム、チノパンと合わせて、靴をムートンブーツで合わせるスタイルです。トップスと靴でボリューム感を持たせる分、パンツは細身で合わせます。このようにセットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせます。
カラーコーディネートについて。寒色のネイビーおよび青と、暖色の赤はオシャレな色の組み合わせです。また靴の茶色もネイビーと相性抜群の色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットのカジュアルスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
カウチンニットのカジュアルな着こなしです。Tシャツ、デニム(チノ)、スニーカーと一般的なアイテムで合わせているので、誰にでも似合うコーディネートです。インナーは、男らしい性格の人、あるいは男らしく見せたい人はUネックTやVネックTで胸元を見せて、逆に控えめな性格の人は丸首Tで肌の露出はおさえましょう。カウチンニットに柄があるので、インナーのTシャツは無地で合わせましょう。なお、セットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせます。
カラーコーディネートについて。寒色のネイビーと、暖色の赤はオシャレな色の組み合わせです。また靴の茶色もネイビーと相性抜群の色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

Tシャツ&ハーパンの究極の春夏シンプルコーデ

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
Tシャツとハーフパンツを合わせた究極のシンプル&ラフスタイルです。ヘンリーネックやV、Uネックを選ぶと男らしくなります。丸首だと男らしさよりは、「無難・穏やか」な印象になります。無地のTシャツを使ったコーデは顔の濃い方やガタイがいい方向けです。そうではない方は、TシャツをボーダーやプリントTにすることでアクセントをつけるのが◎です!
色については、赤と緑は相性がいい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

余裕がただようダウンジャケットスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 赤 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットにスウェットパンツを合わせ、靴にブーツを持ってくるスタイル。スウェットパンツで余裕がある雰囲気を出しつつ、足下をブーツにすることで締めます。スウェットパンツはシルエットとして緩く、少し足部分が大きくなりがちなので、大きめの靴であるブーツと合わせるのがバランスがいいシルエットになります。
赤と黒はとても格好いい色の組み合わせです。赤と黒だけで合わせても格好いいのですが、少し格好良すぎる=気取っている、パーティ仕様っぽすぎる組み合わせになるため、アウターをチャコールグレーという黒より少しだけ明るい色にすることで、赤と黒がお洒落な組み合わせであるという効果は保ったまま、色味を増やさず多少落ち着いた雰囲気になります。オススメのカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る