白の丸首Tシャツ(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

Vネック、Uネックと違い、こちらは首回りの肌の露出を抑えています。性格が控えめな人はVネックやUネックよりこちらの方が落ち着くと思われます。また、35歳を越えてくると、VネックやUネックのように肌を露出するより丸首にして肌の露出を抑えたほうが落ち着いた大人に見えます(よほどワイルドな性格や見た目の人は違います)。コーディネートとしては丸首Tシャツとハーフパンツを合わせてシンプル&ラフスタイルで決めるといいです。メンズのコーディネートで、だれでも着こなしやすいおしゃれな組み合わせです。白は爽やかさ、クリーンなイメージを与えます。また、暗い色を多く使いがちのメンズファッションで、ポイントで1箇所使うことで、カラーコーディネート全体が重くならず「抜け感」を与えることができます。

ショップコートのカジュアルスタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ショップコートは丈が長いアウターのため、シルエットをVラインにするためにパンツは細身かハンパ丈にするのが望ましいです。また、アイテムの要素として、「可愛い」要素を持つアイテムでもあります。インナーはTシャツ、靴はカジュアルに行くならスニーカーあるいはショップコートの可愛い要素に対して男らしさを加える意味で、ブーツにするのもアリです。(スニーカーの方が全体的な印象が「可愛い」印象になります。)ショップコートは丈が半端=論理的には防寒と関係ない要素のため、「オシャレ好き」な人に見えます。
色については、青と茶色は相性のいい色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴を同じ系統でより暗い色である茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地カーディガン+無地Tのブーツスタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
カーディガンは胸の前にV字を作るため、中のTシャツはUネックか丸首の方がレイヤード(重なり)部分が綺麗に重なります。今回は丸首T(どちらかというと控えめな性格の方にはこちらの方が合います)で合わせます。パンツはチノかデニムでカジュアルに合わせ、Tシャツを丸首にして保守的な雰囲気にした分、靴はワークブーツで男らしくするとバランスがとれます。(Tシャツは胸元が空いていると男らしく見え、首あたりまで詰まっていると、おとなしそうな、控えめな雰囲気に見えます)
色については、青と茶色は相性のいい色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴を同じ系統でより暗い色である茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンジャケットのオーソドックススタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーにTシャツを合わせてマフラーを巻き、パンツはジーンズやチノパンと、固めの素材で合わせるスタイルです。靴はスニーカーでもブーツでも問題ありません。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンTシャツ合わせスタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンのインナーにTシャツを合わせるベーシックなパターン。 パンツはデニムorチノ、靴はスニーカーとシンプルですが、ナイロンブルゾンを私服として着る時点で、1つラン クが上のスタイルですので、他をシンプルにコーディネートしてもサイジング(サイズ感)がおかしくなければ、ファッションにこなれている余裕がある男性に見えます!
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットのカジュアルスタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
カウチンニットのカジュアルな着こなしです。Tシャツ、デニム(チノ)、スニーカーと一般的なアイテムで合わせているので、誰にでも似合うコーディネートです。インナーは、男らしい性格の人、あるいは男らしく見せたい人はUネックTやVネックTで胸元を見せて、逆に控えめな性格の人は丸首Tで肌の露出はおさえましょう。カウチンニットに柄があるので、インナーのTシャツは無地で合わせましょう。なお、セットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

大人の落ち着いたジャケットスタイル

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
40歳以上の大人の方、あるいは、性格的にワイルドやガツガツ前に行く方ではない、控えめだったり落ち着いている方の場合は、胸元を露出しない丸首Tシャツが似合います。 その上で、「可愛い」スタイルに見せたい場合はプリントTにするといいですし、そういった「可愛い」要素が入るのは嫌な場合は、シンプルに無地Tで合わせましょう。
色については、アースカラーという自然の色(木々の緑、土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬のダウンジャケットのゆるカジュアル

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのカジュアルなスタイル。インナーにはTシャツ、パンツはスウェットパンツ、靴はブーツで合わせます。アウターがダウンジャケットで重いごわついたトップスになる分、パンツをゆるくスウェットにしてリラックスした雰囲気にすることで「余裕がある人に見える」効果があります。また、靴をワークブーツにして男らしい雰囲気をプラスすることで、防寒的にもシルエット的にもカッコいいダウンジャケットのスタイルになります。
色については、パンツに対して、同じ系統の色でより濃い色の靴が合うというルールがあるため、ベージュのパンツに対して茶色の靴で合わせています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショップコートのクロップドパンツ合わせ

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ショップコートのような丈が長いアウターは、パンツを細身にする(いわゆるVラインコーデ)か、フルレングスでなく半端丈にするかがシルエットとして1番いいコーディネートです。今回はパンツをハンパ丈にするパターン。靴はハイカットスニーカーで合わせます。
色については、モノトーン+茶色のシンプルで無難なカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ショップコートの細パンツデザイン

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
ショップコートは丈が長いアウターのため、シルエットをVラインにするためにパンツは細身かハンパ丈にするのが望ましいです。(普通サイズのパンツだと全体的にダボっとしてしまいます) 逆に言えば、細身あるいはハンパ丈パンツが好きじゃない人はショップコートは着ない方がいいでしょう。インナーはTシャツを合わせ、靴はキレイ目にいくなら短靴やチャッカブーツで合わせます。ショップコートは丈が半端な長さであり、これは論理的には防寒と関係ない要素のため「わざわざその服を着ている」=「オシャレ好き」な人に見えるスタイルです。
色については、ブルーグリーンと茶色系統の色という、相性のいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ポイントはカウチンニットとムートンブーツ

Small
グリーンレーベルリラクシング 白 丸首Tシャツ
コーディネートのポイント
カウチンニットにTシャツ、デニム、チノパンと合わせて、靴をムートンブーツで合わせるスタイルです。トップスと靴でボリューム感を持たせる分、パンツは細身で合わせます。このようにセットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせます。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る