明るい青のデニムシャツ(長そでまたは半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニム素材のシャツです。色はネイビー、ブルー、グレー、ブラックが一般的です。ウエスタンシャツも、このデニムシャツであることが多いです。デニムシャツは無骨で男性らしいファッションに多いイメージですが、トップスやボトムスやボトムスによってカジュアルにもかわいくも着こなせるファッションアイテムです。少し濃いめのネイビーシャツを一枚でシンプルに着こなし、ボトムスにはダークブラウンや黒のチノパンなどがオシャレなコーディネートです。メンズのファッションにはぜひ着こなしたいアイテムです。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

暑い日のデニムシャツのラフスタイル

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツ+スウェットパンツのカジュアルなスタイルに、足元を短靴でキレイ目に合わせるスタイル。ほどよいカジュアル感とキレイ目要素が合わさったスタイルです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青とネイビーを引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツ+スウェットパンツ

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツの固い素材に対してスウェットパンツの柔らかい素材を合わせるスタイルです。パンツがフルレングスでなく、足首あたりが露出するので、靴はスリッポンやペタンコ靴で合わせます。デニムシャツのボタンは空けて、男らしく着ましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青とネイビーを引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

safari風の春夏スタイル

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツを使った無骨カジュアルコーデ

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツをよりカジュアルに着こなしたコーデです。デニムシャツは男らしいワイルドなアイテムなので、同じく無骨なリブ付きのタンクトップをインナーにチョイス。ボトムスはスウェットパンツで少年ぽく、シューズはムートンブーツで可愛らしさを出すことでカジュアルと無骨とのギャップでお洒落感を演出しています。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツの無骨スタイル

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツのインナーはリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップかUネックあるいはVネックの無地Tで合わせるのが鉄板。パンツはチノパンと合わせ、靴は男らしく行くならブーツで合わせるのが収まりがいいコーディネートです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツの無骨スタイル

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツを無骨目にスタイリングしました。インナーはUネックやVネックの胸元が空いた無地Tまたはリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップ。パンツはカーゴに靴はワークブーツかエンジニアブーツでおもいっきり無骨なテイストに。どこからどう見ても「男らしい人」に見えるファッションです。いかつい人が着たら「いかにも!」という感じに見えますし、優しそうな人や童顔の人が着ると、「男らしさ」という、いいギャップになる印象が付与されるファッションです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツの無骨スタイル

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツにスウェットパンツを合わせるスタイルです。デニムシャツのパリっとした固い素材感に対して、スウェットパンツを合わせることで一気にラフで余裕がある男の雰囲気に。足下はブーツにすることで固い素材でスウェットパンツをサンドイッチし、また、少しワイドになってしまうパンツに対するバランスとしても、形がスニーカーやその他の靴より大きめになるブーツがちょうど合います。男らしさと余裕が感じられるスタイルです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツの夏のオシャレスタイル

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツを外に着る場合、中はタンクトップ、ヘンリーネック、胸元が空いたTシャツ等、無骨めに合わせます。今回はパンツをフルレングスではないパンツと合わせた上で、足下はキレイ目に短靴を合わせるスタイルです。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツのキレイ目スタイル

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツという男らしい属性のアイテムをトップスにもってきつつ、下半身はチノパンと短靴あるいはチャッカブーツで少し綺麗目に合わせているコーディネートです。前を開く場合はリブつきのタンクトップあるいは胸元の空いた無地Tシャツで(胸元が空いているため)男らしさをアピールできます。男らしさとキレイ目の両要素は女性から好印象です。
色については、青系統と黄色系統は相性がいい色の組み合わせですから、この2色も相性がいい色の組み合わせといえます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツのカジュアルスタイル

Small
DOPE%2BDRAKKAR 明るい青 デニムシャツ
コーディネートのポイント
デニムシャツをカジュアルに合わせるスタイルです。インナーは胸元が空いたTシャツやリブ付きタンクトップで無骨目に合わせつつ、パンツはチノ(デニムonデニムはNGなので、デニムは合わせませんん)、靴はスニーカーで、デニムシャツを使ったラフなコーディネートの出来上がりです。デニムシャツのサイズ感はぴったり目のものにしましょう。
色については、青系統と黄色系統は相性がいい色の組み合わせですから、この2色も相性がいい色の組み合わせといえます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る