深緑のダウンベスト(フードなし)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ダウン(羽毛)が入っている厚手のベストです。トレーナー、セーター、カーディガン、Tシャツ・カットソー等の上に羽織ります。特徴としては、キルティング加工というデザイン模様を浮立たせる加工が施されています。かっこいいメンズの着こなし方は、ダウンベストにカーディガン、VネックTシャツを合わせる男らしいスタイルや、パーカーもダウンベストと合わせるカジュアルなコーディネートが人気の組み合わせです。春先や秋など少し肌寒い時期にはとても重宝するメンズファッションのアイテムです。緑・グリーンは赤や黄色に比べると明度(色の明るさ)や彩度(色の鮮やかさ)が低い分、まだオシャレマインド、ファッション感度が高い方でなくても着れる色です。しかし、パンツ以外ですとなかなか抵抗がある方も多い色です。有彩色1色と無彩色1色で合わせるとオシャレですし、緑+無彩色2色で合わせるとより無難になります。

ダウンベストとデニムシャツのコラボレーション

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストは簡単にオシャレにしてくれるアイテム。デニムシャツと合わせるのも1つのテクニックです。季節感とマッチしつつ、トップスとは違う素材感であるウールパンツやコーデュロイパンツとは相性抜群。足下はカジュアルにスニーカーやブーツで合わせます。
色については、パンツは白で抜け感を出し、緑とも青とも合う茶色の靴でまとまっています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト夏コーデ

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、アースカラーという自然の色(木々の緑、土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストとシャツのカジュアルスタイル

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストはいつものコーディネートの上から羽織るだけで簡単にオシャレになれるアイテム。ノースリーブな分やぼったくならないのも人気の秘密です。シャツ+カジュアルパンツ+スニーカーやブーツといったシャツルックのコーディネートに、上からダウンベストを重ねるだけで簡単に肌寒い日のオシャレさんになります。
色については、アースカラーという自然の色(木々の緑、土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストとショールカラーカーディガンは似合う服のコーディネートです。また、ショールカラーカーディガンのニット特有の優しさを演出する事も出来ます。パンツはデニムやチノで合わせてもOKですし、コーデュロイパンツで合わせると季節感が出ます。
色については、アースカラーと呼ばれる自然の色(木々の緑や土の茶色等)でまとめたオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストとカーディガンやセーターは似合う服の組み合わせです。ダウンベストの表面とカーディガンやセーターの表面は素材感が違うため、メリハリがあり合わせやすい組み合わせです。ダウンベストはそのカジュアルなテイストから、靴はスニーカーと合わせるのが相性抜群です。
色については、アースカラーと呼ばれる自然の色(木々の緑や土の茶色等)でまとめたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストワイルドコーデ

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色については、アースカラーと呼ばれる自然の色(木々の緑や土の茶色等)でまとめたオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストのパーカー合わせ

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストにパーカーを合わせるスタイルです。ジップアップパーカー(前で開くパーカー)でも、スウェットパーカー(前で開かないパーカー)でも構いません。ダウンベストとパーカーというトップスの組み合わせに対しては、パンツはデニムやチノパン・綿パン、あるいはカーゴパンツとカジュアルに合わせ、靴もスニーカーと、全てカジュアルに合わせるのが1番合います。パーカー+ダウンベストはかっこいいのに、実際にやっている人をあまり見かけないので、この合わせ方をしていると、「オシャレな、アウトドア好きな人」に見えます。
色については、アースカラーと呼ばれる自然の色(木々の緑や土の茶色等)でまとめたオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

大人っぽさと男らしさを合わせ持つ秋スタイル

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
ダウンベストは暖かいだけでなく、簡単にオシャレにしてくれるアイテム。秋口にデニムシャツと合わせるのも1つのテクニックです。季節感とマッチしつつトップスとは違う素材感であるウールパンツやコーデュロイパンツとは相性抜群。また、ウールやコーデュロイは大人っぽい印象を与える効果があります。短靴やチャッカブーツと合わせて足下をキレイ目にするのも品がいいコーディネートで好印象です。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツがラフさとキレイ目をうまく中和

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
デニムシャツ+チノパン+短靴orチャッカブーツというシンプルオシャレなコーディネートにダウンベストを重ねるだけで秋仕様に。デニムシャツのシャツ要素と短靴という、キレイ目な要素をベースにしつつ、ダウンベストを羽織ることで、一気にラフな印象に。デニムシャツが、綿パンツ&短靴のキレイ目要素とダウンベストのラフさの中間をとっていて、コーディネートの要素としても、またアウターとパンツの間という場所的な意味合いでもこのコーディネートのインナーにピッタリです。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストを羽織るだけで秋スタイル

Small
フォーワンセブン エディフィス 深緑 ダウンベスト
コーディネートのポイント
デニムシャツ+チノパン+スニーカーorブーツというオーソドックスなデニムシャツのコーディネートに、上からダウンベストを羽織るだけで簡単に秋仕様になります。肌寒いけど冬の厳しい寒さってほどでもない。そんな時のカジュアルな外出時、手軽にオシャレなコーディネートになりますよ。
色については、無彩色+グリーン系統で合わせています。このような、靴としては珍しい色の靴を履く際は、靴以外のコーディネートのどこかに同じ色を持ってくると合わせやすいです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る