ベージュのネルシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

長そでのネルシャツの説明です。ネルシャツは大衆文化としてアメリカに根付くような男らしいアイテムなので、コーディネートは男らしく決めるのがオーソドックスです。 比較的暖かい季節であれば、ネルシャツのインナーに胸元の開いたTシャツやタンクトップを持ってきて男らしく決めるのも良いですし、肌寒い季節なら、ダウンベスト等と合わせてもネルシャツの男らしさが活きるかっこいいコーディネートになります。 ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色については、ベージュと黒のアースカラーの組み合わせは、カラーコーディネート的に非常にかっこいいです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストとシャツのカジュアルスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
ダウンベストはいつものコーディネートの上から羽織るだけで簡単にオシャレになれるアイテム。ノースリーブな分やぼったくならないのも人気の秘密です。シャツ+カジュアルパンツ+スニーカーやブーツといったシャツルックのコーディネートに、上からダウンベストを重ねるだけで簡単に肌寒い日のオシャレさんになります。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

キレカジ男子のちょっと肌寒い日のスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
キレイ目カジュアルが好きな男子の「シャツ」+「デニムやチノのカジュアルパンツ」+「キレイ目の短靴」のコーディネートに、上からダウンベストを羽織るだけで簡単オシャレ。ダウンベストはノースリーブな分見た目にもやぼったくならないのも人気の秘密です。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

safari風の春夏スタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

長そでネルシャツのカジュアルスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
ネルシャツはアメカジで使われるアイテムですが、そもそもアメカジルックは無骨系に属する男らしい服装のため、インナーはタンクトップやU、VネックのTシャツ、ヘンリーネック等と相性がいいアイテムです。今回はパンツをデニムかチノでカジュアルに、靴もスニーカーで合わせます。割と誰にでも似合うスタイルです。アウターとしてシャツを着る場合、サイズ感が大きいと一気にダサくなるので、ジャストサイズぐらいを心がけましょう。前のボタンは、締めても空けても大丈夫です。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

長そでネルシャツの無骨スタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
ネルシャツはアメカジアイテムですが、アメカジも無骨系アイテムの一種のため、無骨に、男らしく合わせるのが似合うアイテムです。インナーには胸元が空いた無地のTシャツやリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップまたは無地のヘンリーネックTを合わせ、パンツは更に無骨度を上げるならカーゴ、そうでないならデニムかチノで、靴はワークブーツかエンジニアブーツで無骨に合わせましょう。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

長そでネルシャツのアメカジスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
ネルシャツはアメカジアイテムですが、アメカジも無骨系アイテムの一種のため、無骨に、男らしく合わせるのが似合うアイテムです。インナーには胸元が空いた無地のTシャツやリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップまたは無地のヘンリーネックTを合わせ、パンツはアメカジの定番、ジーンズで、靴はブーツで無骨に合わせましょう。
ベージュはぼやけた色なので、白か黒かその両方という、ハッキリした無彩色と合わせるのが1番格好いい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

長そでネルシャツの無骨スタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
ネルシャツは無骨に、男らしく合わせるのが似合うアイテムです。インナーには胸元が空いた無地のTシャツやリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップまたは無地のヘンリーネックTを合わせ、パンツは更に無骨度を上げるためにカーゴパンツで、靴はブーツで無骨系オンパレードに合わせましょう。ネルシャツはアメカジアイテムですが、アメカジも無骨系アイテムの一種のため、無骨に、男らしく合わせるのが似合うアイテムです。
ベージュはぼやけた色なので、白か黒かその両方という、ハッキリした無彩色と合わせるのが1番格好いい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ネルシャツにスウェットパンツ合わせスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
ネルシャツはフランネル素材というゆるい素材のアイテムですが、これにスウェットでパンツもゆるくあわせつつ、足元をブーツで引き締めるたコーディネートです。リラックスした雰囲気をかもし出します。とはいえ、ネルシャツはアメカジアイテムであり男らしいアイテムでもありますので、インナーは胸元が空いた無地のTシャツやリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップまたは無地のヘンリーネックTが相性がいい組み合わせになります。
ベージュとネイビーは相性がいい色の組み合わせです。カラーコーディネートとして、胸辺りからはじまり、外側に、下に向かっていくにつれて濃く、暗くなるように意識しています。その結果、インナーは白で始まり、アウターのベージュからグレーのパンツを通り最後は靴のネイビーに向かうといったように、だんだん色が濃く、暗くなっていきます。このように上から下にかけて色がグラデーションになると収まりがよくお洒落に見えます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ネルシャツのチノパン合わせスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ベージュ ネルシャツ
コーディネートのポイント
トップスが柄のネルシャツなので、パンツは無地のチノパンで合わせます。ネルシャツはアメカジアイテムですが、アメカジは無骨に、男らしい属性があるためそのような属性で合わせるのが似合うアイテムです。インナーには胸元が空いた無地のTシャツやリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップまたは無地のヘンリーネックTを合わせます。靴はブーツで無骨に合わせましょう。
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る