黒・ブラックのヘンリーネックTシャツ(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

丸首Tシャツのネック部分を、胸の辺まで開けてボタン止めにしています。胸元のボタンをあけることで、男らしく見える効果があります。普段着こなしているTシャツとはまた違う1枚で大人の印象を演出してくれるメンズ向けのファッションアイテム、ヘンリーネックTシャツ。男らしい印象を与えてくれるアイテムミリタリーのアウターや、レザーブルゾン(革ジャン)やデニムブルゾン(Gジャン)に合います。ワイルド、男らしい、無骨、といったコーディネートを好む人にとりわけ似合うおしゃれなアイテムです。 黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

無骨過ぎないミリタリースタイル

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 黒・ブラック ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーテイストで男臭いアイテムのアウターであるM-65をカジュアルに着ます。インナーはミリタリーのアウターに合わせて無地のTシャツで主張を抑え、パンツも無地の綿パンと合わせつつ、靴はスニーカーを持ってくることで、男臭すぎない、ラフで柔らかい雰囲気になります。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

レザーブルゾンの男らしいスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 黒・ブラック ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
レザーブルゾンは男らしい印象を与える無骨系のアイテムです。オーソドックスに合わせるなら、この無骨要素で統一し、インナーは胸元が空いたTシャツ、パンツは無地のチノパンやカーゴ、そして靴はブーツで合わせましょう。一気に「男らしさ」が上がります。顔が濃かったり、ひげを生やしていたりガタイがよかったりと、外見上男らしい人が着る分にはもちろん似合いますし、逆に外見がひょろっとしていたり、顔が童顔だったりする方が着れば、服の無骨さで中和されてバランスがよくなります。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

シンプルかつ男らしい欧米人風スタイル

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 黒・ブラック ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットに無地のTシャツを合わせると、柄が無い分落ち着いた男に見えます。靴はブーツでワイルドに。男らしさ+落ち着きのある、よくファッション誌でハリウッドの俳優等の私服紹介等で出てくるスタイルです。ジャケットのキレイ目+無地の落ち着きに、+靴の男らしさと、女性から頼りがいのある男に見られやすいスタイルです。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーアウターM-65の鉄板スタイル

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 黒・ブラック ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
M-65はミリタリーのアウターで、男臭い・無骨系アウターです。これを、同じく男臭い・無骨系ファッションのアイテムである胸元が空いたTシャツ・カットソー、デニムやチノ、ワークブーツやマウンテンブーツと男臭さMAXで合わせます。当然のことながら、男らしい人、男らしく見せたい人に似合うコーディネートです。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーアウターの鉄板スタイル

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 黒・ブラック ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーアウターは無骨系・男らしい属性のアイテム。この属性をそのまま生かし、同じく無骨にインナーは胸元が空いたTシャツやヘンリーネックで合わせます。パンツはデニムで、ダメージ加工やほつれ、強い色落ち、オイル加工等があるとより無骨度合いが高まります。ノーマルデニムであれば、無地のチノパン・綿パンでもどちらでも問題ありません。靴はブーツでミリタリー無骨テイストの統一感のあるスタイルになります。
色については、アウターのワインレッドとパンツのネイビー、およびパンツのネイビーと靴の茶色は鉄板の相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

シンプルかつ男らしい欧米人風スタイル

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 黒・ブラック ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットに無地のTシャツを合わせると、柄が無い分落ち着いた男に見えます。そして下半身にスウェットパンツを履くことでさらに余裕がある雰囲気に。靴はブーツでワイルドに締めます。落ち着き+余裕+男らしさのある、女性から頼りがいのある男に見られやすいスタイルです。safari等、ハリウッドの俳優の私服紹介で出てくるスタイルです。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさ抜群のワイルドスタイル

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 黒・ブラック ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
色については、アウターの黄色とパンツのネイビー、およびパンツのネイビーのと靴の茶色は相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ハンパ袖ヘンリーネックの夏のきこなし

Small
ジャーナルスタンダード ホームステッド 黒・ブラック ヘンリーネックTシャツ
コーディネートのポイント
ヘンリーネックに無地の短パンに、サンダルやデッキシューズ、エスパドリーユといった夏の靴を合わせたシンプルなコーディネートです。Tシャツのそで丈がハンパ丈なので、パンツはこのようにハーフパンツか、逆にフルレングスをまくって履くかがオススメです。クロップドパンツは上下ともにクロップド(ハンパ)丈になってしまうので禁物です。
色については、ネイビーのパンツとエンジの靴はオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る