紺・ネイビーのインナーダウンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

2014秋冬に流行したインナーダウン。ダウンでありながらインナーに着るという新しい発想のアイテムです。登山などでも着ている人が多い防寒着としても着こなすことができます。インナーダウンはコーディネートのルールとして襟無しのノーカラーをきてインナーダウンをさりげなくみせることがおしゃれな着こなし方です。みなさんもメンズファッションのひとつにこのアイテムを取り入れておしゃれな男性としてのイメージを周囲に与えましょう。 紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

紺・ネイビーのインナーダウン(そでなし)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ 紺・ネイビー インナーダウン
コーディネートのポイント
インナーダウンの着こなし方のうちの1つ。今回は袖無しのインナーダウンをキレイ目で合わせています。ジャケット+インナーダウン+シャツ+スラックス+短靴と、キレイ目アイテムオンパレードで合わせました。
色の合わせ方については、ネイビーを目立たせるために、他の色を無彩色にします。また、白のパンツは「自分に自信がある男」に見え、堂々として見えます。

紺・ネイビーのインナーダウン(そでなし)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのインナーダウン(そであり)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ 紺・ネイビー インナーダウン
コーディネートのポイント
そでがあるインナーダウンの着こなしですが、インナーダウンはえりがなく首元がすっきりするため、タートルネックニットでバランスをとります。首元のスッキリ加減でもそうですし、素材感でもツルっとしたインナーダウンのの表面に対して、ニットでバランスをとっています。アウターはジャケットを合わせ、パンツはデニムかチノでカジュアルに。アウターに合わせて靴はキレイ目に短靴やスウェードのチャッカブーツで合わせて最後にもう1度品を漂わせます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青とネイビーを引き立たせる効果があります。

紺・ネイビーのインナーダウン(そであり)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る