黒・ブラックのロングカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

通常のカーディガンよりも丈が長いロングカーディガン。オシャレ好きな雰囲気が一気に出るアイテムです。丈が長いアウターのため、細身のパンツや丈の短いクロップド(七分)パンツと合わせると、オシャレなメンズの着こなしになります。ニットのため優しい雰囲気を与えるコーディネートにもなります。通常はニットは強面の人、いかつい人は雰囲気を中和する効果がありますが、丈が長い分モードな雰囲気が出てしまうためそもそもオシャレ好きなキャラの人が着ないと、似合わなく見えますのでご注意を。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

ロングカーディガンの細パンツスタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック ロングカーディガン
コーディネートのポイント
ロングカーディガンは丈の長いアウターですから、細身のパンツと合わせるか、丈が短く(あるいは半端で)肌が露出するパンツと合わせるのが相性がいいコーディネートです。今回は細身のパンツで合わせます。靴はカーディガンのキレイめ要素と合わせて、ローファー、短靴と合わせるのがオススメです。
色については、パンツをワインレッド(エンジ)にしているので、この色を引き立たせるために、他の色を無難な色で合わせます。また、パンツのワインレッドと靴のこげ茶色の組み合わせは、「同じ系統の色同士で、靴をパンツより暗くする」という色の組み合わせ方のルールともマッチしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ロングカーディガンの半端丈パンツスタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック ロングカーディガン
コーディネートのポイント
ロングカーディガンは丈の長いアウターなので、パンツは肌が露出する丈(=クロップドパンツなど)と合わせるか、細身のものと合わせるのが相性がいいコーディネートです。靴はカーディガンのキレイめ要素と合わせて、同じくキレイ目のローファーや短靴と合わせるのがオススメです。
色については、ベージュはモノトーン色(白、黒、グレー)と合わせるのが1番オシャレになる色あわせですから、これらをうまく組み合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

カジュアルなロングカーディガンのスタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック ロングカーディガン
コーディネートのポイント
ロングカーディガンをカジュアルに合わせると、無地のTシャツ、細身のジーンズ、ローカットスニーカーで合わせます。ロングカーディガンのロング丈がある分、普通の丈のカーディガンで合わせるよりもオシャレ好きな人の雰囲気になります。
色については、ベージュはモノトーン色(白、黒、グレー)と合わせるのが1番オシャレになる色あわせですから、これらをうまく組み合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

肌寒い時期のドレープTシャツスタイル

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック ロングカーディガン
コーディネートのポイント
ドレープTの雰囲気(モード)から、ロングニットは相性のいいアウターです。そうなるとアウターの丈が長いので、パンツは細身かクロップド丈(七分丈などの半端な長さの丈)で合わせ、靴はトップスの雰囲気からキレイめに短靴やローファーで合わせます。
色については、緑と茶色は相性がいい色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

柄のあるドレープTの肌寒い季節の着こなし

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック ロングカーディガン
コーディネートのポイント
ドレープTはモードな雰囲気のアイテム。柄があるドレープTの場合は、アウターが無地にしてバランスをとります。今回はドレープTとモード同士で雰囲気があるロングカーディガンで合わせます。そうなると丈が長いアウターになりますから、パンツは細身かクロップドで合わせる必要があります。シューズはトップスの雰囲気に合わせて短靴かローファーかレザーのスリッポンで合わせるのがオススメです。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る