ワインレッドのロングシャツ(チェック)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

パッとみは通常のシャツ・・・かと思いきや丈が長いのがロングシャツ。「モード」「おしゃれ好き」そしてメンズですが「女性っぽい」印象を与えるアイテムです。細身のパンツか丈が短いパンツと合わせるのがコーディネートの定石で、「オシャレが好き」「ファッションが好き」だと思われる着こなしになります。ここではカラー毎にメンズのロングシャツのコーディネートをご紹介していきます。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ロングシャツはオシャレ感満載な着こなしで

Small
エイチヴイシー ワインレッド ロングシャツ
コーディネートのポイント
ロングシャツは丈が長いため、「モード」「おしゃれ好き」そしてメンズですが「女性っぽい」印象を与えるアイテムです。丈が長いため、細身のパンツか丈が短いパンツと合わせるのがコーディネートの定石で、今回は細身のパンツと合わせます。靴はシャツの要素を拾ってキレイめ短靴やローファーで合わせましょう。
色については、全体的にくすんだ色で合わせて統一感を出しています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ロングシャツは半端丈パンツで合わせる

Small
エイチヴイシー ワインレッド ロングシャツ
コーディネートのポイント
ロングシャツは丈が長いため、多少モードな雰囲気になりますし、「ザ・おしゃれが好きな人」という感じになります。 そしてメンズですがもともと女性のアイテムだったこともあり「女性っぽい」印象を与えるアイテムです。丈が長いため、細身のパンツか肌が露出するパンツ(フルレングスではないパンツ)と合わせるのが定石で、今回はハンパ丈のパンツと合わせます。靴はシャツの要素を拾ってキレイめ短靴やローファーで合わせましょう。
インナーは明るくして、外にかけて暗くしていくのが基本です。アウターとパンツと靴の色のくすみ具合に統一感があり、オシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ロングシャツは変形パンツでモード合わせ

Small
エイチヴイシー ワインレッド ロングシャツ
コーディネートのポイント
ロングシャツは丈が長いシャツという変わった形のアイテムのため、多少モードなアイテム。こういう場合、パンツも変形(=一般的ではない形)パンツで合わせた方が雰囲気のバランスがとれます。今回はサルエルカーゴやサルエルのチノパンと合わせ、靴はワークブーツと合わせます。
色については、ネイビーとえんじ色(ワインレッド、ボルドー)は鉄板のオシャレな組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ロングシャツをカジュアルめに着こなす

Small
エイチヴイシー ワインレッド ロングシャツ
コーディネートのポイント
ロングシャツは丈が長いため、逆にパンツは長めよりも7分パンツのような、丈が短めのパンツと合わせる方がバランスがとれます。パンツが短めで足が露出するので、サンダルで合わせることで、ロングシャツのオシャレ感満載な雰囲気にリラックスした雰囲気、カジュアルさをプラスすることができます。頭はアウターと同じ色のストローハット(通常のハットのの素材が麦わら帽子のようなアイテム)をかぶるとなおオシャレです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジ、ピンクを引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

MA-1+ロングシャツのこなれスタイル

Small
エイチヴイシー ワインレッド ロングシャツ
コーディネートのポイント
MA-1の下にソングシャツを合わせ、あえて丈感に差をつけるのは最近の流行コーデです。ロングシャツの丈が長い分、テーパードやスキニーといった細身で合わせてV字にバランスをとり、シューズはカジュアルにスニーカーで合わせます。MA-1の前は開いて着ましょう。
チャコールグレーとワインレッドはどちらも暗い色同士で相性が良いカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る