ベージュのロングTシャツ(無地, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ロングTシャツとは丈が長いTシャツで、普通のTシャツと違い丈が太ももの あたりまでかかる長さのTシャツです。夏にトップスを白のロングTシャツ1枚で細身の黒いジーンズなどと合わせて着ると、ミュージシャン風になります。 逆にロングTシャツの上に着る場合はMA-1を合わせてブルゾンの丈の短さとロンTの丈の長さで差が生じることにより、このはみ出すロンT部分がオシャレなポイントになります。 いずれにせよ、丈が長いトップスのため、基本的にはV字コーディネートを目指すことになります。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

秋冬のロングTシャツスタイル

Small
ヴァンキッシュ ベージュ ロングTシャツ
コーディネートのポイント
ダブルのライダースとロングTシャツのコーディネート。ロングTシャツを寒い季節に着る場合は、アウターとしてブルゾンを羽織りましょう。ジャケット等に比べて丈が短いブルゾンと、丈が長いロングTを合わせることで、あえて丈の差を見せることがオシャレなポイントになります。 今回のダブルのライダースも服のカテゴリーとしてはブルゾンです。ライダースとパンツの丈感と合わせて、パンツはテーパードやスキニー、靴はワークブーツで合わせるのが王道です。ちなみにライダースの前は開けて着ましょう。
色については、ベージュは黒と白と合わせるのが鉄板の色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーブルゾンとロンT合わせ

Small
ヴァンキッシュ ベージュ ロングTシャツ
コーディネートのポイント
ノーカラーブルゾンの、ノーカラー(えりが無い)であることによる程よいモード感とロングTシャツの「丈が長いことによるモード感」の相性の良さに加え、(ジャケット等他のアウターに比べて)丈が短いブルゾンと丈が長いロングTを合わせることで生じる「あえて丈の差」を見せることによるオシャレさがあるとてもオシャレなコーディネートです。ちなみにノーカラーブルゾンの前は開けて着ましょう。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

夏のロングTコーディネート

Small
ヴァンキッシュ ベージュ ロングTシャツ
コーディネートのポイント
暖かい時期のロングTシャツ1枚のコーディネートです。ロングTシャツは丈が長いため、パンツは細身か短パンがベター。どんなTシャツであれ、トップスTシャツ1枚はラフなコーディネートですから、靴は同じくラフにスニーカーで合わせましょう。
色についてですが、ベージュと黒の組み合わせはアースカラーと呼ばれるもので、カラーコーディネート的に整った印象になります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る