黒・ブラックのロングTシャツ(無地, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ロングTシャツとは丈が長いTシャツで、普通のTシャツと違い丈が太ももの あたりまでかかる長さのTシャツです。夏にトップスを白のロングTシャツ1枚で細身の黒いジーンズなどと合わせて着ると、ミュージシャン風になります。 逆にロングTシャツの上に着る場合はMA-1を合わせてブルゾンの丈の短さとロンTの丈の長さで差が生じることにより、このはみ出すロンT部分がオシャレなポイントになります。 いずれにせよ、丈が長いトップスのため、基本的にはV字コーディネートを目指すことになります。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

秋冬のロングTシャツスタイル

Small
DISCOVERED 黒・ブラック ロングTシャツ
コーディネートのポイント
ダブルのライダースとロングTシャツのコーディネート。ロングTシャツを寒い季節に着る場合は、アウターとしてブルゾンを羽織りましょう。ジャケット等に比べて丈が短いブルゾンと、丈が長いロングTを合わせることで、あえて丈の差を見せることがオシャレなポイントになります。 今回のダブルのライダースも服のカテゴリーとしてはブルゾンです。ライダースとパンツの丈感と合わせて、パンツはテーパードやスキニー、靴はワークブーツで合わせるのが王道です。ちなみにライダースの前は開けて着ましょう。
色については、アウターのブルーグリーンが目立つように、他の色を目立たない色で暗く落としています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

夏のロングTコーディネート

Small
DISCOVERED 黒・ブラック ロングTシャツ
コーディネートのポイント
暖かい時期のロングTシャツ1枚のコーディネートです。ロングTシャツは丈が長いため、パンツは細身か短パンがベター。どんなTシャツであれ、トップスTシャツ1枚はラフなコーディネートですから、靴は同じくラフにスニーカーで合わせましょう。
色については、無彩色に有彩色を1色合わせるのはオシャレな色使いです。その無彩色が黒の場合、クールで大人なオシャレの印象を与えます。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーブルゾンとロンT合わせ

Small
DISCOVERED 黒・ブラック ロングTシャツ
コーディネートのポイント
ノーカラーブルゾンの、ノーカラー(えりが無い)であることによる程よいモード感とロングTシャツの「丈が長いことによるモード感」の相性の良さに加え、(ジャケット等他のアウターに比べて)丈が短いブルゾンと丈が長いロングTを合わせることで生じる「あえて丈の差」を見せることによるオシャレさがあるとてもオシャレなコーディネートです。ちなみにノーカラーブルゾンの前は開けて着ましょう。
アウターのベージュとシューズの茶色は同じ茶色系の色同士で合う色です。また、ベージュは黒、白といった無彩色(モノトーン色)合わせるのが相性がいい色の組み合わせですので、インナーとパンツに黒とチャコールグレーを持ってきています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る