ベージュのミリタリーシャツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

肩にエポレット・肩章といった、ボタン止めがついていたり、軍隊のマークのワッペンがついていたりする、ミリタリーテイストのシャツです。主にオリーブ・カーキ・黒いものが多いです。ミリタリーファッションにあまり興味がなかった人にとっても、この系統のシャツは男らしく、カジュアルに着こなすことができるアイテムですので、おすすめです。コーディネートはボトムスをスキニーなどで合わせると外国人のモデルのようなおしゃれな着こなしができます。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ベージュのミリタリーシャツ(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
メンズビギ ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
ミリタリーシャツはミリタリーアイテム=無骨系、男らしいアイテムのため、インナーには同じく男らしく胸元が空いた無地のUネックかVネックのTシャツかヘンリーネック、あるいはタンクトップを合わせます。今回は、トップスの無骨さでそのまま押し切らず、パンツはチノパン、靴はスニーカーとカジュアルに合わせた、無骨さとカジュアルさがミックスされた、無骨すぎないテイストのスタイルです。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

ベージュのミリタリーシャツ(長そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのミリタリーシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
クリフ メイヤー ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
safari風の男らしい夏スタイルです。 シャツの中はタンクトップ、パンツはハーフパンツか肌が見えるクロップドパンツで肌を露出しましょう。靴はデッキシューズ、エスパドリーユ、サンダル、スリッポンといった肌を露出するパンツと相性抜群のシューズです。 白、うすく黄みがかった白のストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるのもアリです。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

ベージュのミリタリーシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのミリタリーシャツ(半そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング ベージュ ミリタリーシャツ
コーディネートのポイント
夏の無骨系、男くさい系スタイルです。シワ加工シャツ、ミリタリーシャツはどちらも「シワ加工」「ミリタリー」が無骨な要素のため、これと合わせてインナーはタンクトップやヘンリーネック、あるいは、UネックやVネックのTシャツと合わせます。パンツをハーフのデニムやチノパンに、靴をデッキシューズで合わせます。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

ベージュのミリタリーシャツ(半そで, 無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る