白の襟なしシャツ(ノーカラー)(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

えりがないシャツのことです。モード系のファッションや、コーディネートの中にフォーマル要素もカジュアル要素も両方とりいれているようなファッションと似合います。ジャケットのようなフォーマルな服とニットキャップのようなカジュアルなアイテムを含んだメンズのコーデをした場合には、ノーカラーシャツをきることで服のバランスがとれておしゃれになります。夏の襟なしシャツの着こなし方は、スラックスや短靴などキレイ目のコーディネートで合わせてみてください。白は爽やかさ、クリーンなイメージを与えます。また、暗い色を多く使いがちのメンズファッションで、ポイントで1箇所使うことで、カラーコーディネート全体が重くならず「抜け感」を与えることができます。

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
ジャーナルスタンダード 白 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柔らかい優しい雰囲気のスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 白 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
カーディガンとノーカラーシャツの組み合わせは、カーディガンが持つ柔らかい、優しい雰囲気に、ノーカラーシャツのオシャレへのこだわりがミックスされて「優しくてオシャレ」な雰囲気に。パンツもオーソドックスなデニムやチノパンで合わせ、靴はキレイめにレザーシューズやデザートブーツで合わせることで、優しくオシャレな印象はそのまま引き継がれたコーディネートになります。強面に見られる方が柔らかく見せたいときにはうってつけです。
色については、黒と白とベージュの3色は鉄板のオシャレな色の組み合わせ方です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツのシンプルな着こなし

Small
ジャーナルスタンダード 白 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
カーディガンの柔らかい、優しい雰囲気に、ノーカラーシャツのオシャレへのこだわりをミックスされた「優しくてオシャレ」な雰囲気を、パンツもオーソドックスなデニムやチノパンで合わせ、靴はキレイめにレザーシューズやデザートブーツで合わせたスタイル。強面に見られる方が柔らかく見せたいときにはうってつけです。
色については、ネイビーパンツと茶色の靴は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツをアウターとして着る場合

Small
ジャーナルスタンダード 白 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、その名の通り「シャツ」なので、品がいい、きれい目コーディネートとはもともと相性がいいアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。
色については、トップスからシューズに、上から下にかけて色の明度(明るさ)が下がっていく(=暗くなっていく)のは、色のおさまりがいい合わせ方です。(実際の世界も、空に近いほど明るく、大地に近いほど暗い色になるからです)

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツのジャケットスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 白 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
近年流行のノーカラーシャツ。襟がないとはいえ、シャツなので通常のシャツと同じようにコーディネートしても問題ありません。今回はジャケット+チノパン+短靴でキレイ目にあわせます。ノーカラーである分、「オシャレ好きな人」「ファッション感度が高い人」に見えるコーディネートになります。
色については、パンツをワインレッド(エンジ)にしているので、この色を引き立たせるために、他の色を無難な色で合わせます。また、パンツのワインレッドと靴の茶色の組み合わせは、「同じ系統の色同士で、靴をパンツより暗くする」という色の組み合わせ方のルールともマッチしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツに柄ジャケスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 白 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
ノーカラーのオシャレ要素に加え、アウターも柄のジャケットで合わせることで、ファッション感度が高い人に見えるキレイ目なコーディネートができあがります。パンツチノ、シューズは短靴で上半身と同じようにキレイ目にまとめました。
色については、暖色のピンクと寒色の青が入ったバランスのいい色合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

品の良さと男らしさを合わせたスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 白 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
流行のノーカラーシャツにレザーブルゾンを合わせます。レザーブルゾン+シャツの時点で、レザーの男らしさに、シャツの品の良さが加わりますが、加えてノーカラーのため、モードっぽい、お洒落な雰囲気が加わります。上半身に合わせて、パンツとシューズはチノパンかスラックスにレザーの短靴で合わせるのが雰囲気もマッチしたお洒落なコーディネートになります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーブルゾンのジーンズスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 白 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
ノーカラーブルゾンにノーカラーシャツを合わせ、パンツはジーンズ、シューズはスニーカーできれい目カジュアルなコーディネートが完成します。ノーカラーシャツもノーカラーブルゾンも、どちらも普通のブルゾンやシャツに比べて襟が無い分変わった=お洒落なアイテムに見られやすいアイテム。このアイテム同士を組み合わせることで、一層お洒落好きな人に見えます。もちろんアイテムの組み合わせ方として問題はありません。パンツ、靴はジーンズにスニーカーで、全体をカジュアルな雰囲気に持っていきましょう。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る