ワインレッドの襟なしシャツ(ノーカラー)(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

えりがないシャツのことです。モード系のファッションや、コーディネートの中にフォーマル要素もカジュアル要素も両方とりいれているようなファッションと似合います。ジャケットのようなフォーマルな服とニットキャップのようなカジュアルなアイテムを含んだメンズのコーデをした場合には、ノーカラーシャツをきることで服のバランスがとれておしゃれになります。夏の襟なしシャツの着こなし方は、スラックスや短靴などキレイ目のコーディネートで合わせてみてください。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
iroquois ワインレッド 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。これに合わせてパンツも靴もくすんだトーンの暗めの茶色で合わせています。また、ネイビーと茶色も鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柔らかい優しい雰囲気のスタイル

Small
iroquois ワインレッド 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
カーディガンとノーカラーシャツの組み合わせは、カーディガンが持つ柔らかい、優しい雰囲気に、ノーカラーシャツのオシャレへのこだわりがミックスされて「優しくてオシャレ」な雰囲気に。パンツもオーソドックスなデニムやチノパンで合わせ、靴はキレイめにレザーシューズやデザートブーツで合わせることで、優しくオシャレな印象はそのまま引き継がれたコーディネートになります。強面に見られる方が柔らかく見せたいときにはうってつけです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はエンジ)を引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツのジャケットスタイル

Small
iroquois ワインレッド 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
近年流行のノーカラーシャツ。襟がないとはいえ、シャツなので通常のシャツと同じようにコーディネートしても問題ありません。今回はジャケット+チノパン+短靴でキレイ目にあわせます。ノーカラーである分、「オシャレ好きな人」「ファッション感度が高い人」に見えるコーディネートになります。
緑と赤はオシャレな色の組み合わせなので、この両方を少し暗くした色同士であるくすんだ緑とエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせといえます。全体的に暗めのトーンで統一されたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

品の良さと男らしさを合わせたスタイル

Small
iroquois ワインレッド 襟なしシャツ(ノーカラー)
コーディネートのポイント
流行のノーカラーシャツにレザーブルゾンを合わせます。レザーブルゾン+シャツの時点で、レザーの男らしさに、シャツの品の良さが加わりますが、加えてノーカラーのため、モードっぽい、お洒落な雰囲気が加わります。上半身に合わせて、パンツとシューズはチノパンかスラックスにレザーの短靴で合わせるのが雰囲気もマッチしたお洒落なコーディネートになります。
色については、無彩色であるブラック、グレーに、1色だけ有彩色であるエンジ(ワインレッド、ボルドー)を合わせたオシャレな色の合わせ方です。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る