グレーのニットベスト(前開き)(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

カーディガンやセーターのようなニット素材で、前でボタン閉じることができるベストで、メンズのみなさんにも是非着こなして欲しいファッションアイテムです。プルオーバーで前が開かないタイプのベストは、ワイルド系を目指す男性にはキッチリとしすぎて取り入れにくいアイテムで敬遠されがちですが、前開きタイプのベストであればシャツと合わせて着てボタンをすこし開けたり、袖をロールアップして品のあるニットベストを少し着崩すことでとてもおしゃれなコーディネートになります。グレーは「無彩色・モノトーン」と呼ばれる、黒・白・グレーのうちの1色で、いわゆる「コーディネートは3色以内に抑える」といった表現がされる時の1色に入れなくてもいい色の1つです。明るさによって、暗ければ大人っぽくなり、明るければ少しかわいい要素にもなりえます。紫・ピンクと相性がいい色です。

ニットベストのカジュアルダウンスタイル

Small
LOOPWHEELER グレー ニットベスト(前開き)
コーディネートのポイント
ニットベストはベストなので、インナーにはキレイ目アイテム繋がりのシャツを合わせます。今回はこの「キレイ目」属性のアイテムをパンツと靴で崩します。まずは、パンツをカジュアルダウンさせてデニムに。靴もこのデニムに合わせて、男らしさをアピールするならワークブーツ。特にそうっいった意図がなければスニーカーや短靴で合わせます。ネクタイもすれば、「theオシャレさん」という雰囲気になります。
エンジ(ワインレッド)と茶色はどちらも赤色相の色であり、また「靴はパンツの色を濃くした色と合う」というルールもあるため、この赤色相を主役として他をモノトーンで邪魔させないスタイルです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地ニットベストのシャツスタイル

Small
LOOPWHEELER グレー ニットベスト(前開き)
コーディネートのポイント
ベストとシャツは相性のいい服の組み合わせ方です。したがって、ニットベストにもシャツを合わせます。シャツでもネルシャツでもOKです。キレイ目に行くならチノパンで品を良くして、靴はそのままキレイ目に行くならチャッカブーツを、男らしく行くならワークブーツを合わせましょう。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

無地ニットベストのシャツ合わせスタイル

Small
LOOPWHEELER グレー ニットベスト(前開き)
コーディネートのポイント
ニットベストにはシャツを合わせます。(そもそもベスト+シャツは相性のいい服の組み合わせ方です。シャツでもネルシャツでもOKです。)カジュアルにデニムを合わせて、靴はワークブーツやスニーカー、デザートブーツを合わせるか、キレイ目にチャッカブーツを合わせてもOKです。
色については、グレーと白という色の邪魔をしない無彩色に、ベージュと茶色という茶色系統の色を合わせた、実質1色相しかつかっていないシンプルなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ニットベストの上品スタイル

Small
LOOPWHEELER グレー ニットベスト(前開き)
コーディネートのポイント
ニットベストはベストなので、インナーにはキレイ目アイテム繋がりのシャツを合わせます。今回はこの「キレイ目」属性のアイテムで統一し、パンツも綿パンやコーデュロイパンツ、靴は光沢のあるレザーの短靴やチャッカブーツでまとめます。ベストと近い色のネクタイを合わせるのもアリです。いずれにせよ、「上品な、育ちが良い人」っぽさが出ます。
紫のシャツに白パンツと、「ザ・オシャレ好き」な人に見えるなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

プレッピー(欧米の学生風)ルック

Small
LOOPWHEELER グレー ニットベスト(前開き)
コーディネートのポイント
スクールジャケットのプレッピールック(アメリカの、エリート大学生の制服をルーツにもつ)の鉄板コーデです。きれい目のシャツにスラックスにローファー(あるいは短靴)で合わせます。ニットベストを入れても問題ありません。「いいとこのお坊ちゃん」という印象を与えます。
ネイビーと茶色は相性がいい色合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る