黒・ブラックのポロシャツ(半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ポロシャツは襟がついていて上品な着こなしができるメンズアイテムです。メンズの着こなしにおいて、ポロシャツは合わせ方次第で、カジュアルにもフォーマルにも着こなしが出来る万能アイテムですので、色々なパンツや靴とコーディネートしましょう。40代を越えてくると上にアウターを羽織っても似合う雰囲気になります。ポロシャツのブランドとして有名なのはラルフローレンです。少し値段も張りますが、コーディネートの際には高級感も増して大人っぽくおしゃれな着こなしができます。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

ポロシャツには短パン合わせ

Small
three+dots 黒・ブラック ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツに合わせるコーディネートでパンツが柄でフルレングスですと、柄の表面積が大きくなってしまいますから、ハーフパンツで合わせるとスッキリします。ポロシャツが無地でなく少しでも柄が入っている場合において、ひとまずパンツも無地にしておけば無難です。靴はスニーカーか、かかとの高さが低い暖かい季節向けのシューズで合わせましょう。
色については、無彩色に有彩色を1色合わせるのはオシャレな色使いです。その無彩色が黒の場合、クールで大人なオシャレの印象を与えます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄のポロシャツの短パン以外のスタイル

Small
three+dots 黒・ブラック ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツには短パンが相性がいいパンツですが、短パンには抵抗がある方向けのスタイル説明です。今回はポロシャツが柄がある場合ですが、この場合上下柄にならないように、パンツは無地で合わせます。靴はスニーカーでカジュアルに合わせましょう。
色については、茶色に黒やチャコールグレーを合わせるカラーコーディネートはグッチの販売員の制服と同じカラーでオシャレなカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

夏の大人キレイめスタイル

Small
three+dots 黒・ブラック ポロシャツ
コーディネートのポイント
半袖ポロシャツ+スラックス+足元はレザーかスウェードのスリッポンorローファーor短靴という、会社によってはビジネスカジュアルで許されそうな、大人なキレイめコーディネートです。どれか1つ欠けてもこの「キレイめ加減」と「大人っぽさ」と「オシャレさ」のバランスが崩れてしまいますので、この通りに合わせましょう。
色については黒とベージュは相性がとても良いカラーコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツのジャケットスタイル

Small
three+dots 黒・ブラック ポロシャツ
コーディネートのポイント
最近欧米で流行りつつあるファッションとしてポロシャツの上にジャケットを羽織るスタイル。確かにポロシャツは襟付きで胸元にボタンがあるアイテムのため、ジャケットに対してシャツが合うように、意外と違和感はありません。 ただし、どちらかとえばおじさんっぽく見えるスタイルですので、落ち着いた男性、35歳以上ぐらいの男性、あるいは、そう見られたい人にとりわけオススメのスタイルです。
色については、エンジ(ワインレッド)と黒は大人の雰囲気を漂わせるオシャレで格好いいカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツのスウェットブルゾンスタイル

Small
three+dots 黒・ブラック ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツを1枚で着ない場合のスタイル。今回はスウェットブルゾンを合わせます。ポロシャツのえりの少し品がいい雰囲気を、スウェットブルゾンのリラックスした雰囲気で崩し、パンツはカジュアルにジーンズ、シューズはスニーカーで合わせることでシンプルにカジュアルなコーディネートが完成します。
色については、アウターのワインレッドとパンツのネイビー、およびパンツのネイビーと靴の茶色は鉄板の相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る