赤のポロシャツ(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ポロシャツは襟がついていて上品な着こなしができるメンズアイテムです。メンズの着こなしにおいて、ポロシャツは合わせ方次第で、カジュアルにもフォーマルにも着こなしが出来る万能アイテムですので、色々なパンツや靴とコーディネートしましょう。40代を越えてくると上にアウターを羽織っても似合う雰囲気になります。ポロシャツのブランドとして有名なのはラルフローレンです。少し値段も張りますが、コーディネートの際には高級感も増して大人っぽくおしゃれな着こなしができます。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

ポロシャツには短パン合わせ

Small
ラコステ 赤 ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツに合わせるコーディネートでパンツが柄でフルレングスですと、柄の表面積が大きくなってしまいますから、ハーフパンツで合わせるとスッキリします。ポロシャツが無地でなく少しでも柄が入っている場合において、ひとまずパンツも無地にしておけば無難です。靴はスニーカーか、かかとの高さが低い暖かい季節向けのシューズで合わせましょう。
色については、暖色の赤と寒色であるブルーの要素もあるマリンブルーはそれなりに相性がいい色の組み合わせ。この2色以外を無彩色で色の邪魔をしない白で合わせているので、全体的にバランスが良い方のカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツのジャケットスタイル

Small
ラコステ 赤 ポロシャツ
コーディネートのポイント
最近欧米で流行りつつあるファッションとしてポロシャツの上にジャケットを羽織るスタイル。確かにポロシャツは襟付きで胸元にボタンがあるアイテムのため、ジャケットに対してシャツが合うように、意外と違和感はありません。 ただし、どちらかとえばおじさんっぽく見えるスタイルですので、落ち着いた男性、35歳以上ぐらいの男性、あるいは、そう見られたい人にとりわけオススメのスタイルです。
色については、無彩色であるブラック、グレーに、1色だけ有彩色である赤を合わせたオシャレな色の合わせ方です。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ポロシャツのスウェットブルゾンスタイル

Small
ラコステ 赤 ポロシャツ
コーディネートのポイント
ポロシャツを1枚で着ない場合のスタイル。今回はスウェットブルゾンを合わせます。ポロシャツのえりの少し品がいい雰囲気を、スウェットブルゾンのリラックスした雰囲気で崩し、パンツはカジュアルにジーンズ、シューズはスニーカーで合わせることでシンプルにカジュアルなコーディネートが完成します。
赤と黒はとても格好いい色の組み合わせです。赤と黒だけで合わせても格好いいのですが、少し格好良すぎる=気取っている、パーティ仕様っぽすぎる組み合わせになるため、アウターをチャコールグレーという黒より少しだけ明るい色にすることで、赤と黒がお洒落な組み合わせであるという効果は保ったまま、色味を増やさず多少落ち着いた雰囲気になります。オススメのカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る