青・ブルーのショールカラーセーターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーセーターは首回りがショールカラーになっているニット(セーター)です。セーターとしてインナーに着ることはもちろん、男性が1番外側に着ることも多いアイテムです。ショールカラーセーターのファッションは、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるメンズアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスです。青・ブルーは寒色の代表色で、暖色の代表色である赤・レッドと相性がいい色です。明るければ爽やかな、暗ければクールな印象を与えます。

青・ブルーのショールカラーセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
タケオキクチ 青・ブルー ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたアイテムであるショールカラーセーターのコーディネートです。トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はパンツのカジュアルさに合わせてスニーカーで合わせたるのが今回のスタイルです。秋冬の簡単なラフでオシャレなコーディネートです。イメージとしては、「秋冬の休日のオシャレなパパ」といったスタイルです。
色については、ブルーとホワイトは相性が良い色の組み合わせであり、ブルーとベージュも相性が良い色の組み合わせのため、全体的にバランスのとれたカラーコーディネートになります。

青・ブルーのショールカラーセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る