深緑のショールカラーセーターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーセーターは首回りがショールカラーになっているニット(セーター)です。セーターとしてインナーに着ることはもちろん、男性が1番外側に着ることも多いアイテムです。ショールカラーセーターのファッションは、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるメンズアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスです。緑・グリーンは赤や黄色に比べると明度(色の明るさ)や彩度(色の鮮やかさ)が低い分、まだオシャレマインド、ファッション感度が高い方でなくても着れる色です。しかし、パンツ以外ですとなかなか抵抗がある方も多い色です。有彩色1色と無彩色1色で合わせるとオシャレですし、緑+無彩色2色で合わせるとより無難になります。

深緑のショールカラーセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ボイコット 深緑 ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたアイテムであるショールカラーセーターのコーディネートです。トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はパンツのカジュアルさに合わせてスニーカーで合わせたるのが今回のスタイルです。秋冬の簡単なラフでオシャレなコーディネートです。イメージとしては、「秋冬の休日のオシャレなパパ」といったスタイルです。
色については赤と緑の相性が良いため組み合わせ的にとてもバランスがとれています。

深緑のショールカラーセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る