ワインレッドのショールカラーセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーセーターは首回りがショールカラーになっているニット(セーター)です。セーターとしてインナーに着ることはもちろん、男性が1番外側に着ることも多いアイテムです。ショールカラーセーターのファッションは、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるメンズアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスです。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

秋冬の休日のオシャレなパパ

Small
G-Star Raw ワインレッド ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたアイテムであるショールカラーセーターのコーディネートです。トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はパンツのカジュアルさに合わせてスニーカーで合わせたるのが今回のスタイルです。秋冬の簡単なラフでオシャレなコーディネートです。イメージとしては、「秋冬の休日のオシャレなパパ」といったスタイルです。
色についてはブラック・レッド・グリーンの組み合わせは非常に相性がいいです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーセーターとコーデュロイパンツ

Small
G-Star Raw ワインレッド ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
最近流行のショールカラーセーターのコーディネートです。ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたショールカラーセーターに対して、季節感を合わせてパンツにはコーデュロイパンツを持ってきました。靴はトップス、パンツの品の良さと合わせて短靴やチャッカブーツで品良くまとめました。
色については、ブラックとグレーによりモノトーンができあがり、そこに相性のよいトーンのあったワインレッドを入れることによって、カラーバランスが整った印象になります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーセーターの男らしいスタイル

Small
G-Star Raw ワインレッド ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ショールカラーセーターは、シンプルでありながら、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるいいこと尽くめのアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスでミックスされます。
色については、エンジ(ワインレッド)とブルーは相性がいい色の組み合わせです。また、パンツが寒色のブルーのため、靴は暖色の赤系統の茶色で合わせるとオシャレです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト+ショールカラーセーター合わせ

Small
G-Star Raw ワインレッド ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ショールカラーセーターの上にダウンベストを羽織る、最近のスタイルです。ショールカラーセーター1枚よりも暖かくなるのはもちろん、ダウンベストのつるっとした表面とニットの柔らかい素材感が違うように、固い素材と柔らかい素材でバランスを取るのはコーディネートのテクニックの1つでもあります。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせです。これに合わせてパンツも靴もくすんだトーンの暗めの茶色で合わせています。また、ネイビーと茶色も鉄板のオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る