ワインレッドのショールカラーセーターのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ショールカラーセーターは首回りがショールカラーになっているニット(セーター)です。セーターとしてインナーに着ることはもちろん、男性が1番外側に着ることも多いアイテムです。ショールカラーセーターのファッションは、えりもとがショールカラーのため品が良く紳士的に見え、そしてニットの暖かみ・優しさが伝わるメンズアイテムです。コーディネートとしては、トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はワークブーツで男らしく合わせると、ニットの優しい雰囲気とブーツの男らしさがちょうどいいバランスです。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのショールカラーセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
G-Star Raw ワインレッド ショールカラーセーター
コーディネートのポイント
ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたアイテムであるショールカラーセーターのコーディネートです。トップスがニットの分、パンツは固めのデニムや綿パンで合わせ、靴はパンツのカジュアルさに合わせてスニーカーで合わせたるのが今回のスタイルです。秋冬の簡単なラフでオシャレなコーディネートです。イメージとしては、「秋冬の休日のオシャレなパパ」といったスタイルです。
色についてはブラック・レッド・グリーンの組み合わせは非常に相性がいいです。

ワインレッドのショールカラーセーター(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る