明るい青のシャツ(無地, 半端そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

無地の半端そでシャツについての説明です。 まず半端そでの掟として、半端丈のパンツは形の個性が喧嘩してしまうのでNGです。 このルールさえ気をつければ、無地のシャツは多くの種類のアイテムと親和性が高いです。全身無地で揃えてもシンプルで良いですし、アウターやインナー、あるいはパンツに柄を持ってきてもアクセントになって、とてもおしゃれです。柄の掟としては、2箇所で柄を使うことはNGなので、この点は注意してコーディネートしましょう。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

シャツ合わせのコーデ

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
暖かい季節にシャツをカジュアルに着こなすスタイルです。中にTシャツやタンクトップ、パンツはクロップドパンツで少し可愛く、靴は七分のクロップドパンツに合わせてハイカットのスニーカーで合わせるとバランスがいいコーディネートになります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青と水色を引き立たせる効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャツをハーフデニムでカジュアル!

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については、ブルーとホワイトは相性が良い色の組み合わせであり、ブルーと茶色も相性が良い色の組み合わせのため、全体的にバランスのとれたカラーコーディネートになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

無地シャツの春夏スタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
無地シャツを前開きで着る場合、インナーを柄物で合わせるとよりカジュアルになります!例えばボーダーやバイカラーのTシャツなど。もちろん無地Tでも全然ありです!春夏のコーデなので、ボトムスはフルレングスならロールアップ、もしくはハーフパンツをチョイスしましょう。そして、抜け感のあるシューズを合わせます。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ジレ+シャツの気取ったスタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
ジレ+シャツのコーディネートは、「キレイ目でオシャレ」な印象を与えます。ただ、ジレはそもそも防寒要素というよりは、ハットや小物同様、「わざわざ使うアイテム」ですから、身につけているだけで「オシャレが好きなひと・気取っている人」に見えます。ですから、例えば髪型が長髪だったり過度にワックスで髪を立たせたりしていると、ホストっぽく見えて一気にナルシストっぽく見えてしまうアイテムでもあります。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)は相性抜群の色の組み合わせです。 また、パンツの色もネイビーやワインレッド同様くすんだ色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ジレシャツにジーンズのオシャレ男子スタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
ジレにシャツを合わせてキレイめなトップスに対して、パンツはジーンズで男らしく合わせるのも良いコーディネートです。足元はトップスのテイストでキレイめにレザーシューズで合わせても良し、男らしさを増したければブーツで合わせても良しです。
色については、ネイビーとエンジ(ワインレッド)は鉄板の色の組みあわせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

メッシュスリッポンはシャツ短パンスタイルで

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスが無地シャツであれば、パンツは無地でも柄でもOKです。
色については、明るい青とベージュはどちらも明度(明るさ)と彩度(鮮やかさ)が同じぐらいで相性がよく、また、ベージュのパンツに対して同系統色でより濃い色である茶色を靴に合わせることも、パンツと靴の色の合わせ方のルール上正しいオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

上下ジャージ+シャツのオシャレ上級者スタイル

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
完全にオシャレ上級者向けのスタイルですが、上下ジャージにした上で、インナーにシャツを着るスタイル。ポイントはパンツがハーフ丈であること。靴はジャージのスポーティなスタイルに合わせてスニーカーで合わせます。
色については、ネイビーと茶色は相性抜群のカラーコーディネートです。

柄カーディガンとシャツでも男らしく

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
アーガイルのカーディガンは、アーガイル柄が「可愛い」要素が強いアイテムです。この「可愛い」要素を生かしてコーディネートする場合のスタイルです。まず、カーディガン+シャツは鉄板のキレイ目スタイルですので、インナーにはカーディガンの柄をふまえて無地のシャツを。パンツはチノ、靴はスニーカーで合わせましょう。アイテム内に無骨な要素がないため、カーディガンのアーガイルの可愛い要素が目立つスタイルです。「無骨、男らしい」といったキーワードを好まない方、「柄モノ等可愛い目」ファッションが好きな方用のスタイルです。
アウターとシューズは柔らかい色同士で相性がよく、インナーはシューズと同じ色で合わせることで色数を抑えます。これらのぼやけた優しいペイルトーンに対して、ハッキリした色である白のパンツを合わせることでメリハリのあるカラーコーディネートとなります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ハーフコーデュロイパンツのシャツコーデ

Small
ハイダウェイ ニコル 明るい青 シャツ
コーディネートのポイント
コーデュロイのハーフパンツも最近流行のアイテム。本来は秋冬の質感ですが、ハーフ丈になるともちろん夏のアイテムに。そして多少上品目なアイテムです。トップスはシャツで合わせてもTシャツで合わせてもOKですが、今回はシャツで合わせました。靴はスニーカーでもレザーシューズでもローファーでもOK。スニーカーならカジュアルに、スリッポン、レザーシューズ、ローファーならキレイ目な雰囲気になります。
青系統の色とビビッドピンクは寒色と暖色の組み合わせのため、相性がいい色の組み合わせです。また、パンツのネイビーとシューズの茶色もお洒落な色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る