水色のシャツ(タータンチェック, 半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

シャツだけではピンと来ない方は、「えりがついているシャツ」・「ワイシャツ」のことだと思ってください。メンズのファッションにおいて王道のこの服は秋冬ジャケットを羽織ったり、夏には白シャツとインナーを合わせて上品でさわやかな印象を与えます。柄もチェックやストライプなど幅広く、コーデも色々組み合わせることが出来ます。例えばあったかい時期はカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えますし、デニムや綿のハーフパンツを持ってくれば、リラックスな着こなしになります。シャツのメンズの着こなし方は必ず押さえましょう。水色はオレンジと相性がいい色です。白と合わせて爽やかにしつつ、オレンジと合わせると華やかにになります。あとは、同じ青系統の色と合わせるのもありですし、薄い青、ととらえると対照的に薄い赤であるピンクとも相性がいい色です。

シャツをハーフデニムでカジュアル!

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
色については水色と白の明るい色の組み合わせでとてもオシャレです。足元の色を黒にすることで全体のコーディネートが締まります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
柄物シャツを前開きで着る場合、インナーは無地が鉄則です。タンクトップやUネック、Vネックを合わせるとちょっと男らしい印象もプラスすることが出来ます。春夏向けのコーデなので、ボトムスはクロップドもしくはハーフパンツをチョイス。足元はサンダルやスリッポン、デッキシューズなどを履いて抜け感を演出しましょう!カジュアルなスニーカーでも可です。
色については、ブルー系の色でまとめた爽やかなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

優しさと可愛さのカーディガンシャツスタイル

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、暖色のエンジと寒色の水色、ネイビーで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ニットジャケットのキレイ目スタイル

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
ニットジャケットにチェックのシャツを合わせ、トップスはキレイ目かつ可愛くオシャレなスタイルに。キレイ目な靴と合わせて全体的に「キレイめ」、「優しい雰囲気」、「オシャレ」な印象を与えるスタイルです。
色については、暖色のエンジと寒色の水色、ネイビーで合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

夏に海への小旅行

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
ベストにシャツは似合う服の組み合わせです。暑い日のスタイルなので、リネンのベストで合わせています。ベストが無地なのでインナーのシャツは柄シャツでもOKです。また、パンツはハーフパンツやハンパ丈のパンツか、フルレングスのロングパンツの場合は裾をまくって合わせましょう。帽子をかぶることに抵抗が無い方はストローハット(麦わら帽子のような素材、編み方のハット)をかぶるとよりこじゃれた感じになります。
色については、ブルー系統の色と茶色は相性がいい色の組み合わせです。また、白のパンツは自信がある男に見える効果があります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツスウェットパンツのこなれコーデ

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
柄シャツとスウェットパンツの洒落た男スタイル。 柄シャツには無地を合わせるのた鉄板ですので、無地のカットソーを合わせつつ、胸元が空いているものにして多少男らしく。パンツは最近流行の半端丈スウェットパンツで足元に少し肌を見せてリラックスした雰囲気に。靴はその雰囲気に合わせてスリッポンやローカットスニーカーで合わせ、暖かい季節の余裕がある男の出来上がりです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。水色とミントグリーンを引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

暖かい季節のオシャレ好き男子スタイル

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
柄シャツに無地のジレを合わせることで柄を抑えるのはオシャレな着こなしの1つ。キレイめなトップスに対して、パンツはジーンズで男らしく合わせるのも良いコーディネートです。足元はトップスのテイストでキレイめにレザーシューズで合わせても良し、男らしさを増したければブーツで合わせても良しです。
色については、ブルー系統の色と茶色はとても相性がいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

メッシュスリッポンのシャツスタイル

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスにはシャツを合わせますが、少しでも柄が入っているシャツであれば、パンツは無地で合わせましょう。
色については、寒色の青系のカラーである水色と暖色の赤は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。足元は白で合わせることでスッキリします。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

半袖シャツとジーンズの夏スタイル

Small
ラコステ 水色 シャツ
コーディネートのポイント
夏のかわいめなシャツ&ジーンズスタイル。ジーンズ自体はハーフパンツかクロップドパンツといった素足を露出するタイプのものか、フルレングスなら裾をまくりって肌を露出させます。シャツを柄のシャツで合わせることで、無地シャツよりも「かわいい」コーディネートになります。靴はエスパドリーユ、ローファー、スリッポン、デッキシューズといった履き口の低い「夏シューズ」で合わせましょう。
色については、水色とトーンを合わせてパンツは明るめの茶色であるベージュで合わせます。全体的に明るい、淡い色ばかりでぼやっとしないように、靴は濃いめの茶色かつベージュのパンツの延長上の色であるこげ茶で合わせます、(靴をパンツと同じ系統の色でより濃くするとオシャレに見えるという色のルールがあります)

夏のメンズコーディネートをもっと見る