赤のシャツ(タータンチェック, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

タータンチェック柄の長そでシャツのコーディネートです。タータンチェックは適度にかわいい(おしゃれ)の要素を持つ柄で、きれいめの代表とも言える長そでシャツにタータンチェックが入ったアイテムはとてもバランスの良いアイテムと言えます。 コーディネートをする上では、タータンチェックのシャツ自体が十分おしゃれな柄なので、アウターやパンツに柄を持ってくるのは厳禁です。 このルールに注意する前提のもと、暖かい季節は、トップスはシャツ1枚で完結させて、チノパン、短靴と合わせて、きれいめに決めてもかっこいいですし、普段からおしゃれに気を使ってる方はあえてローカットスニーカーではずした感じを出すのもイケてます。 肌寒い季節には無地のジャケットはもちろん、ニット類とも相性がよく、シャツのきれいめ要素、タータンチェックのかわいい要素、ニットのやさしい要素が、うまく融合して女性から好感度間違いなしのコーディネートに仕上げる事もできます。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

ブルゾンとシャツのコーディネート

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
トップスはブルゾン、靴はスニーカーやブーツとカジュアルに合わせつつ、中にシャツをインすることで、少しだけキレイ目な印象を持たせる効果があります。カジュアルさとキレイ目のハーフ&ハーフなコーディネートです。
寒色の代表色である青と暖色の代表色である赤は鉄板のオシャレなカラーコーディネートです。これに、同じく鉄板の色の組み合わせ方であるネイビーパンツと茶色の靴を合わせています。 なお、青とネイビーは青系統色同士、赤と茶色も赤系統色同士で統一感があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートを使ったコーデ

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
チェスターコートやテーラードコートのように丈の長いアウターを着る時は、パンツは普通の形のロングパンツでもいいのですが、スキニーかテーパードなどの細いパンツで合わせるとよりバランスがいいコーディネートになります。テーラード仕立てのコートは気品高い印象を与えるアイテムなので、パンツはチノでシューズは短靴やローファーなどの品の良いアイテム合わせにすると、失敗なく無難に着こなせます!
色については、赤と緑は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンを大人っぽくキレイ目に着るスタイル

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
ブルゾンの中にシャツを着る、ブルゾンを使いつつもキレイ目に見せるコーディネートです。そもそもテイストとしてキレイ目が好きだけど、ブルゾンを使いたい、そんな時の合わせ方です。パンツをコーデュロイパンツや綿パンにすることで、大人っぽく見せる効果があります。
色については、赤と緑は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

優しさと可愛さのカーディガンシャツスタイル

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
総柄やドットやチェックのシャツは可愛い要素のアイテムで、カーディガンは優しい印象を与えるアイテムですから、この2つのを合わせると、「(少し女性的な)可愛いファッションが好き」「男らしい性格というよりは、少し可愛い」人に見えます。外見上は、細身の人に似合います。見た目も中身も「草食系男子」な性格の方がそのまま着ると「アクがない、男らしさが足りない」人に見えますので、1番いいのは、言動が男らしい方が着ることで、その場合は内面とファッションが中和されて女性ウケします。
色については、赤と緑は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツを使った春夏コーデ!

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
柄物シャツを前開きで着る場合、インナーは無地が鉄則です。タンクトップやUネック、Vネックを合わせるとちょっと男らしい印象もプラスすることが出来ます。春夏向けのコーデなので、ボトムスはクロップドもしくはハーフパンツをチョイス。足元はサンダルやスリッポン、デッキシューズなどを履いて抜け感を演出しましょう!カジュアルなスニーカーでも可です。
色については、暖色の赤と寒色の青、及びパンツのネイビーと靴の茶色は相性がいいオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのシャツレイヤードスタイル

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」の人に見られるスタイルです。下半身はカジュアルにデニムとスニーカーで合わせます。
カラーコーディネートについて。寒色のネイビーおよび青と、暖色の赤はオシャレな色の組み合わせです。また靴の茶色もネイビーと相性抜群の色合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄シャツスウェットパンツのこなれコーデ

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
柄シャツとスウェットパンツの洒落た男スタイル。 柄シャツには無地を合わせるのた鉄板ですので、無地のカットソーを合わせつつ、胸元が空いているものにして多少男らしく。パンツは最近流行の半端丈スウェットパンツで足元に少し肌を見せてリラックスした雰囲気に。靴はその雰囲気に合わせてスリッポンやローカットスニーカーで合わせ、暖かい季節の余裕がある男の出来上がりです。
赤と黒はオシャレな色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

シャツをハーフデニムでカジュアル!

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
基本的にきっちりとした印象のあるシャツは、春夏はほどよくカジュアルに着崩すとよりお洒落に見えます!ボトムスにデニムのハーフパンツを持ってくれば、きっちりし過ぎて暑苦しく見えることもないでしょう。デニムを合わせる場合、足元はやはりスニーカー。デッキシューズを合わせても春夏っぽくキマります。
暖色と寒色の配色はオシャレな色の組み合わせですが、赤は暖色の代表色、青は寒色の代表色のため、この2色はとても相性がいい色の組み合わせです。また、赤、青、白のトリコロールカラーはフランスやイギリスの国旗で使われいているようにとてもオシャレな3色の色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

メッシュスリッポンのシャツスタイル

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
メッシュのスリッポンはメッシュがある分通常のスリッポンよりも夏に特化したアイテム。合わせる際はパンツは短丈が相性が良い組み合わせです。トップスにはシャツを合わせますが、少しでも柄が入っているシャツであれば、パンツは無地で合わせましょう。
色については赤とネイビーが相性の良い組み合わせになります。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットのレイヤードスタイル

Small
EDIFICE 赤 シャツ
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
暖色の赤と寒色のネイビーはお洒落な色の組み合わせです。また、靴に白を持ってくることで、抜け感が出て全体がよりお洒落になります。さらにこの白はアウターの黒と合わせて、相性がいい赤とネイビーの色合わせを邪魔しないという効果もあります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る